スポーツ整形

スポーツ選手のみならず、学校スポーツ、スポーツ愛好家の早期復帰に向けた診断・治療を簡便さや専門特化した機器によりサポートします。

クリニカルペーパー&カスタマーボイス

超音波診断装置

運動器の超音波解剖-筋、腱、軟骨等の超音波解剖-PDFアイコン(PDF/1,261KB)

サムネイル画像

城東整形外科 皆川洋至先生

超音波検査で直接評価可能な筋、腱、靭帯、軟骨、末梢神経、血管、骨についての超音波解剖と臨床のポイント

肩・肘の超音波断層検査-腱板断裂と肘離断性骨軟骨炎-PDFアイコン(PDF/2,353KB)

サムネイル画像

名古屋市立大学 大学院医学研究科 整形外科 後藤英之先生

今まで困難であった、腱板内部の変性像と周囲の断裂部との区別及び肘の離断性骨軟骨炎等について、プローブの位置、超音波解剖と観察のポイント

超音波ガイド下インターベンション-神経ブロック-PDFアイコン(PDF/2,557KB)

サムネイル画像

自治医科大学医学部 麻酔科学 集中治療医学講座 堀田訓久先生
名古屋市立大学大学院 社会復帰医学講座 整形外科 後藤英之先生

超音波インターベンションにおける標的組織及び軟部組織の描出と正確なブロック注射

整形外科超音波ハンドブック

無料申込はコチラから

監修:東北大学大学院 整形外科学教室 教授 井樋栄二先生
著者:城東整形外科 診療部長 皆川洋至先生

※弊社販売資料『整形外科超音波ハンドブック』
◎ご登録していただいた方には整形外科超音波の臨床・セミナー製品情報を不定期に配信します。


MRI

新しい関節軟骨のMRI評価法-T2マッピング / T1ρマッピング-PDFアイコン(PDF/1,162KB)

サムネイル画像

帝京大学ちば総合医療センター 先進画像診断センター/整形外科 渡辺淳也先生

関節軟骨中の分子構造変化を鋭敏に捉えることが可能な新しいMRI撮像法が臨床応用されつつあり、従来困難であった軟骨変性の早期診断や軟骨変性度の定量的評価に有用な方法として期待される。

前十字靭帯断裂に伴う骨挫傷の画像評価PDFアイコン(PDF/1,049KB)

サムネイル画像

JA長野厚生連佐久総合病院 放射線科 植田瑞穂先生、診療放射線科小林淳先生 清水咲香貴先生

MRIによる前十字靭帯断裂時に脛骨外側顆背側部と大腿骨外側顆関節面とが衝突による骨挫傷や、膝蓋骨脱臼では大腿骨外側顆外側部と膝蓋骨内側部の衝突による骨挫傷の画像描出について

スポーツ整形の診断に活用できる四肢専用MRI-靭帯や被膜を描出-PDFアイコン(PDF/815KB)

サムネイル画像

Clinica CEMTRO(スペイン) 放射線科部長 Dr. Mario Padron, MD.

快適な姿勢であれば、患者は静かに動かずにいてくれ…モーションアーチファクトも低減される…高分解能検査、小関節、手首、肘、指、足の検査…など可能性は広く、非常に興味深い装置です。

検査待ちを劇的に減少させた四肢専用MRI-総合病院での経済効果-PDFアイコン(PDF/524KB)

サムネイル画像

Dr. Nigel Raby, consultant radiologist Glasgow Western Infirmary(UK)

四肢専用 MRI導入後は、検査件数が年間1,500件増加し、全身用と四肢専用の2台体制で、年間8,500件の検査が実施されています。膝関節や脊椎の検査待ちが減少し…