関節

術前の計画から、関節面の軟骨の状態、人工関節置換術後の仮骨形成の状況把握など診断から治療・フォローまで、高精細な画像提供や可視化技術によりサポートします。

クリニカルペーパー・カスタマーボイス

MRI

新しい関節軟骨のMRI評価法-T2マッピング / T1ρマッピング-PDFアイコン(PDF/1,162KB)

サムネイル画像

帝京大学ちば総合医療センター 先進画像診断センター/整形外科 渡辺淳也先生

関節軟骨中の分子構造変化を鋭敏に捉えることが可能な新しいMRI撮像法が臨床応用されつつあり、従来困難であった軟骨変性の早期診断や軟骨変性度の定量的評価に有用な方法として期待される。

前十字靭帯断裂に伴う骨挫傷の画像評価PDFアイコン(PDF/1,049KB)

サムネイル画像

JA長野厚生連佐久総合病院 放射線科 植田瑞穂先生、診療放射線科小林淳先生 清水咲香貴先生

MRIによる前十字靭帯断裂時に脛骨外側顆背側部と大腿骨外側顆関節面とが衝突による骨挫傷や、膝蓋骨脱臼では大腿骨外側顆外側部と膝蓋骨内側部の衝突による骨挫傷の画像描出について

膝関節、手関節、足関節の診断に活用できる四肢専用MRIPDFアイコン(PDF/815KB)

サムネイル画像

Clinica CEMTRO(スペイン) 放射線科部長 Dr. Mario Padron, MD.

快適な姿勢であれば、患者は静かに動かずにいてくれ…モーションアーチファクトも低減される…高分解能検査、小関節、手首、肘、指、足の検査…など可能性は広く、非常に興味深い装置です。

検査待ちを劇的に減少させた四肢専用MRI-総合病院での経済効果-PDFアイコン(PDF/524KB)

サムネイル画像

Dr. Nigel Raby, consultant radiologist Glasgow Western Infirmary(UK)

四肢専用 MRI導入後は、検査件数が年間1,500件増加し、全身用と四肢専用の2台体制で、年間8,500件の検査が実施されています。膝関節や脊椎の検査待ちが減少し…

進行性関節リウマチのMRI検査と症例紹介-外来クリニックにおける四肢専用MRIの活用-PDFアイコン(PDF/592KB)

サムネイル画像

Leiden University Medical Center(Netherland)

MRIは骨びらんに加え、関節リウマチの代表的な特徴である滑膜炎、腱滑膜炎、軟骨下の変化なども検出することが可能です。…関節炎患者は痛みを抱えており…全身用MRIで求められる不自然な体勢を維持することは非常に辛い…


一般X線撮影装置(多断層撮影機能)

THAにおけるVolume RADの有用性(HTMLページ)

サムネイル画像

東京女子医科大学東医療センター様

人工股関節置換術Total Hip Arthroplasty(以下THA)におけるトモシンセシスの活用事例は主に下記の2つがあります。
(1)骨折の評価
(2)緩み(Loosening)と骨溶解(Osteolysis)の評価…

体外金属によるリップルアーチファクト低減の撮影法PDFアイコン(PDF/1,062KB)

サムネイル画像

独立行政法人国立病院機構災害医療センター様

Volume RADは創外固定が行われている骨折評価をするときにCTと比較しアーチファクトが少なく…リップルアーチファクトは投影フレーム数がポイント!リップルアーチファクトの低減により骨癒合のチェック、抜釘時期の決定に有用


超音波診断装置

整形外科超音波ハンドブック


無料申込はコチラから

監修:東北大学大学院 整形外科学教室 教授 井樋栄二先生
著者:城東整形外科 診療部長 皆川洋至先生

※弊社販売資料『整形外科超音波ハンドブック』
◎ご登録していただいた方には整形外科超音波の臨床・セミナー製品情報を不定期に配信します。


骨密度診断装置

ロコモティブシンドロームとは? ~超高齢社会に不可欠な対策を進めよう!~

サムネイル画像

医療法人社団愛友会 伊奈病院整形外科部長
NPO法人 高齢者運動器疾患研究所 代表理事 石橋 英明 先生

ロコモティブシンドローム(以下、ロコモ)は、2007年に日本整形外科学会が提唱した概念で、「運動器の障害により移動機能が低下した状態」と定義されています。つまり、運動機能の低下や運動器疾患で、歩行や階段昇降などの身体を移動する機能が落ちてくる状態です。

人工膝関節置換術術後のモニタリングにおけるDXA法の使用経験

hachiya_thumb

はちや整形外科病院 渡邊 裕規 先生

金属インプラントが生体内で超長期にわたり維持されるためには、インプラント周囲の骨密度が維持されることが重要と考える。

脊椎診療における立位全脊柱X線撮影の意義 ―脊椎外科医が欲しいX線画像とは―

cv_hamamatsu_01_08

浜松医科大学 整形外科学教室 教授 松山 幸弘 先生
特任准教授 戸川 大輔 先生 三原 唯暉 先生

近年, 人口の高齢化に伴い運動器障害への関心が高まってきている. 腰椎変性疾患は比較的頻度の高い運動器障害の1つであり, 最近は特に脊柱アライメントを考慮した治療の必要性が重要視されている. 

整形外科領域における据置型デジタル汎用X線診断装置の長尺画像解析の有用性について
(前編)
(後編)

整形外科領域における据置型デジタル汎用X線診断装置の長尺画像解析の有用性について

浜松医科大学整形外科 准教授 星野 裕信 先生

整形外科領域で扱っている据置型デジタル汎用X線診断装置で撮影を行った立位長尺画像の画像解析法について2回に分けて紹介する。

激動する骨粗鬆症治療-PTHは椎体のBMD値を顕著に上昇させる

サムネイル画像

かみむらクリニック上村幹男先生講演骨粗鬆症セミナー報告

骨粗鬆症治療についてその背景、歴史、薬剤と症例について上村先生にご講演頂いた報告になります。