GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

THAにおけるVolume RADの有用性

東京女子医科大学東医療センター様からのTIPS

はじめに
jointスピーディかつ高画質に、取得した多数の画像情報をもとに、任意の深さの断層面を生成することで、深部の状態の観察を可能とするアプリケーション、Volume RAD。今月は数多くのご執筆、ご講演経験をお持ちの東京女子医科大学東医療センター様にユーザー会「TOMO友の会」でも大好評いただいた人工股関節置換術(THA)におけるVolume RADの有用性についてご紹介していきます。



THAにおけるVolume RADの活用
人工股関節置換術Total Hip Arthroplasty(以下THA)におけるトモシンセシスの活用事例は主に下記の2つがあります。
(1)骨折の評価
(2)緩み(Loosening)と骨溶解(Osteolysis)の評価

joint上記ポイントについて説明していく前に、まずは、簡単にTHAの固定法について説明します。THAの固定法にはセメントを使用したセメント法(右図の右股関節)とセメント不使用のセメントレス法(右図の左股関節)があり、セメント法とは骨セメント(PMMA)を使用する方法で手術後の早期歩行が可能です。骨セメント誘発性の合併症は存在しますが、加齢による骨の再生能力が減少している症例に有効です。 一方、セメントレス法はセメントを使用せずに、カップやステムの表面に、ポーラス加工(水酸化アパタイトのコーティング等)を施し、骨の成長により固着を促進させる方法です。



(1)骨折
それでは、THA術後に特異に発生する骨萎縮が原因の大腿骨骨折について紹介致します。元来、自身の荷重により、発達していた骨皮質が、THA術によるステムを介して荷重されることになるため、骨萎縮(ストレスシールディング)が生じます。この骨萎縮が引き金となり大腿骨骨折につながります。このような場合、骨の状態を詳細に観察する必要があり、下記のように、単純像では見られない微小な骨折を発見するためにVolume RAD画像を観察に使用することは大変有効になります。

joint


(2)弛みと骨溶解
インプラント同士の磨耗による粒子(UHMWPE金属など)が生成されるとマクロファージによる異物貪食反応が繰り返され、異物肉芽腫が形成されます。これが無菌性の弛みの原因です。Volume RADでは見たい部分でスライス面を見られるため、弛みの生じている部分を確実に見ることができます。下図ではステムが右側によっていて骨皮質を圧迫しているようすがVolume RADでより良く見えています。

joint

joint弛みのサインには骨の透亮像であるRadiolucent Lineと線状の骨硬化像Reactive Lineがあります。骨透亮像は骨の脇にある黒いライン(左図①)骨硬化像はその横にある白いラインになります(左図②)CTで撮影した場合、金属の周りにオーバーシュートが生じこのRadiolucent Lineが分かりづらくなることがあり、CTとVolume RADの比較を実施しました。



joint

また、再構成画像から同一の測定位置のプロファイルを取り濃度を測定したところ、横方向の測定において、CTではスキャン方向にアーチファクトが認められましたが、トモシンセシスでは軽微でした。特にCTの骨強調処理においてステム周囲にオーバーシュートが強く発生し、骨硬化像と近似しており誤認識されうる画像となっています。

Looseningの経時変化においても、Volume RADを使用することで下図のように角度の微小な変化を確認することができます。

joint

固着状態良好のサイン
jointセメントレスでの固着状態良好のサインはSpot weldsとポーラス面への侵入で確認します。Spot welds(右図)はポーラス面への生物学的固着でインプラントから皮質骨につながる海面骨の硬化像です。Volume RADでは単純X線撮影に比較して検出能が向上し、単純X線撮影像より早期の検出が可能となり、単純では1年半経たなければ見られなかったポーラス面への進入像(下図)がVolume RAD導入後は6ヶ月未満でも見られるようになっています。

joint

放射線科 森孝子技師のお話
joint以上のように、Volume RADは、ステム周辺の微細骨折像や弛みおよび骨溶解の評価に有効でした。今後の期待としては、ステム側だけでなく、臼蓋ソケット部の描出能の向上があれば、よりよくなるのではないかと思います。



THAの経過観察にはトモシンセシスがベスト!
単純X線像より微細な変化の早期の検出が可能です。

薬事情報

カタログ記載名称 医療機器薬事許認可番号 販売名称 補足事項
Discovery XR656 認証:221ACBZX00068000 据置型デジタル式汎用X線診断装置 Discovery Discovery XR656は、左記医療機器の類型Discovery XR656です。
※お客様の使用経験に基づく記載です。仕様値として保証するものではありません。
※Volume RADはオプション機能です。