放射線科の未来が変わる

ご導入のモダリティは、充分に実力を発揮していますか?

Brilliant RaDi が3つのアウトカムを約束します。


Outcome
1. 稼働率向上による検査効率の改善

モダリティの日々の稼動情報をビッグデータとして蓄積・分析。トラブルの予兆を監視・予測し、一手先の予防対応を行うことで予期せぬダウンタイムを削減。装置のパフォーマンスを最大化し、稼働率向上をサポートします。

Outcome
2. コラボレーションによる生産性の向上

ビッグデータからの分析結果に基づき、お客様との協力体制のもと病院オペレーションの生産性向上につながる対策をご提案。将来にわたる強みをお客様とともに生み出してまいります。

Outcome
3. 患者さんの満足度の向上

ビッグデータ分析に基づく装置稼動や検査機会の最適化により、ご導入機器の有効活用はもちろん、高品質かつスピーディな医療サービスの提供に貢献します。

RaDiのしくみ

現在、そして将来にわたる放射線科の課題を解決するために

Brilliant RaDiは生まれました。


■Brilliant RaDiとは?
オペレーションデータやクリニカルデータなど、膨大なデータが院内に保管されてきています。事実、GE ヘルスケアのサービスネットワークにも、国内約 3,500以上の医療施設と、14,000台以上の医療機器が接続されており、膨大なデータがネットワークを介して日々蓄積されています。Brilliant RaDi はこれらを最大活用し、「検査機器の稼動「メンテナンスサービス」...2つの観点から最適化を図るソリューションサービスです。

Brilliant RaDi

SP

SP


■稼働の最適化エンジン
温度などの環境情報やパフォーマンスなど、日々蓄積される装置のオペレーションデータを監視・分析する ことで、トラブルの予兆をいち早く把握。エラーに応じていち早く対処方法特定のプロセスを自動化し、トラブル発生に先んじたフィールドエンジニアの対応を実現するなど、稼働の最適化を実現します。


■サービスの最適化エンジン
蓄積されたビッグデータを解析することで、保守や部品交換のタイミングを予測し、効率的なサービスサイクルを計画。サービスコストと生産性を改善することで、将来への好循環を放射線科にもたらします。

ご提供メニュー

2つのサービスエンジンから生まれる、

Brilliant RaDiのサポートメニュー


■稼働最適化のためのメニュー
トラブルの予兆を検知し、ダウンタイムが発生する前に予防措置・対策を提供します。

アナリティックスサポート

コラボレーションサポート

クイックカスタマーサポート

・アナリティックスサポート
医療機器とセンサーから収集された稼働データを一元化的に集中監視。データ解析とアルゴリズムによって発見されたトラブルの予兆から、機器が故障する時期やリスクレベルを予測することで保守部品やフィールドエンジニアを動的かつ最適に配置しながら、予防対応を実施します。

・コラボレーションサポート
お客様の日常点検を GE が指定する特別手順に変更し、データマイニング・プログラムと連動することでリアルタイムな異常通知を可能に。点検記録は電子保存され、タブレットで閲覧可能。過去履歴の分析や監査記録にも活用することができます。

・クイックカスタマーサポート
タブレットを活用し、エンジニアへの質問や、カメラで機器の状況をエンジニアに視覚的に伝え迅速な判断を求める。万一、障害が発見された場合は、タブレット上の緊急ボタンからエンジニアに直接問い合わせできるなど、お客様の重要度に応じて、最適なサポートを提供します。



■サービス最適化のためのメニュー
保守や部品交換のタイミングを予測し、効率的かつ適正なサービスサイクルを計画します。

MOR

トレーニングサポート

・MOR
監視・解析結果を可視化した報告書を発行し、MOR(マンスリーオペレーションレポート)としてお届けします。また、MOR を評価する会議には GE ヘルスケアスタッフも同席し、放射線科内の課題解決に向けてお客様とともに協議。医療機器資産の継続的なパフォーマンス改善を目 指します。

・トレーニングサポート
お客様のご要望に応じて、定期的な機器トレーニングサポートも実施しております。機器の基本構造や操作方法はもちろん、より的確な日常点検やトラブルシューティングなど、基本的な機器運用・管理や故障時の判断が行えるようサポートいたします。

結果を出せる理由

アウトカムを約束できる理由があります。

Brilliant RaDiの特長


ビッグデータ解析

■IoTを活用し、稼動や検査情報をビッグデータ解析。
様々な医療機器に組み込まれた無数のセンサから収集される稼働データや医療情報は、ビッグデータとして蓄積され、分析可能になります。例えば、エラーに応じて故障予兆判断や対処方法特定のプロセスを自動化するソフトウェアを活用することで、フィールドエンジニアの迅速な対応を実現します。


GEコマンドセンター

■生産性改善アルゴリズムに基づく分析・監視専門チーム「 GEコマンドセンター」。
GE コマンドセンターは、放射線科内の機器の稼動データを監視・分析する専門チームです。故障分析からの予知アルゴリズムの開発により、高度な監視と未来予測に基づく対応指示を可能に。従来は遠隔地にあった修理部品も、故障予測に応じて最寄りのサービスステーションに一時保管したり、モダリティースペシャリストの計画的な訪問点検やフィールドエンジニアによる予防措置をコントロールします。


チーム・コラボレーション

■お客様と目的を共有する、チーム・コラボレーション。
GE ヘルスケアは、徹底したお客様指向のサービスデリバリーチームを形成します。このチームは機器の稼働データや、実施されたサービス活動を可視化し月次報告(MOR)として提供。その内容を評価する会議では、お客様とともに様々な放射線科内の課題を協議し、医療機器資産の継続的なパフォーマンス改善を目指すためのオペレーションメカニズムを構築・提案してまいります。


Brilliant Hospital構想

インダストリアル・インターネットを活用した、

GEヘルスケアのBrilliant Hospital構想


■Brilliant Hospital構想とは?
病院が輝く未来へ。ビッグデータで描く、病院経営の次世代戦略。

放射線機器イメージ Brilliant RaDi はGEヘルスケアが推進する「Brilliant Hospital 構想」の1st.ステップとして提供される、放射線科の課題解決に特化したサービスです。
Brilliant Hospital構想とは、院内の「物と人」をネットワークで接続し、そこから収集したビッグデータを一元的に高度分析する“インダストリアル・インターネット"を医療現場において活用することで、放射線科のみならず医療従事者や経営者に対して新たな知見を提供する新しいサービス体系です。Brilliant Hospital でプラットフォーム化されたネットワークとクラウド、そして全国のサービスデリバリーチームは、施設間連携を拡大するだけでなく、物理的な制限を超えたリソースと資産の最適化にも役立つものと考えています。

Brilliant Hospital

ご紹介映像

Brilliant RaDiの詳細をご覧ください。

ご紹介映像


Brilliant RaDi
コンセプト映像



Brilliant RaDi
サービスの概要紹介映像



Brilliant RaDi
お客様インタビュー映像