GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

Tomoko S

技術本部研究開発部
2012年入社

         Tomoko S.
技術本部研究開発部
2012年入社
 

「外資系はすべてパフォーマンスで判断されるような印象がありましたが、GEに入社して人と人との助け合いが大切だということに気づきました」。2012年に入社し、現在高齢者向けの見守りシステムの研究に取り組む。超高齢化社会の日本から世界に向けて介護ビジネスをたちあげようとしている。

高齢者見守りシステム「QuietCare」の先進性

私は「QuietCare」という高齢者の見守りシステムの研究マネジメントをしています。日本市場での導入はまだこれからです。「QuietCare」は部屋の隅やドアの入り口にセンサーを設置し、モニタリングするシステムです。ひとり暮らしのご高齢の方や介護施設に設置することにより「夜中、頻繁に動いている」「トイレの回数が多い」などといったこれまで把握しづらかった夜間の情報もつかむことができ、それに応じたケアプランを作り、介護の質をあげていくことが目的です。

そして、高齢化社会が進む世界での中で、日本が高齢者見守り介護のロールモデルになればいいなと考えています。


よどみのない組織が人を巻き込む

GEでは常に鍛えられている感覚があります。みんなフルスピードでいつも走っています(笑)。だからこそよどみのない組織なのだと思います。前職の日本企業と比べて、若いマネージャーが多く、女性の比率が多いのも驚きでした。GEは特定のスキルを持った人が適所に配属され、その人の責任のもとにプロジェクトが進められていくことが多いため、組織がコンパクトです。人を巻き込んでいく力もすごいと思いました。


半年前には想像できない自分に

会社でも健康づくりを推奨していますが、休みの日にはランニングするなどしてリフレッシュし、月曜日にはまた仕事に集中できるよう体調管理をしています。オンのときにはフルスピードで走り、オフの時間も大切にする、オンとオフのバランスをうまくとるようにしました。GEに入社して半年、早くもさまざまな面において成長できたと実感しています。新しいチャレンジをしたいという気持ちから転職を考え、本当にできるか不安もあったのですが、やってみたらできるものだなと感じています。半年前にはまるで想像できなかったような自分になっています。