日本の医療機関が抱える課題

医療の質を上げて、コストを抑制する…お客様と両立を目指します


apmguest

各地域、各医療機関では、厚生労働省が掲げる医療計画に基づき、地域における医療需要と提供体制のバランスを踏まえた医療再編が進んでいます。
また、医療の財源不足、人材不足が深刻化する中、増加する検査需要、多様化する医療ニーへの適切な対応が求められています。
経営者にとって今まさに、自身の医療機関の役割の再検討が進められています。

医療の質を維持・向上しつつ、コストは抑制する必要があります。
しかし、医師、看護師、診療放射線技師、臨床工学技士、事務…その他医療スタッフの中で様々な思いがある中、バランスを取り全ての要望を実現・改善していくことは容易ではありません。
そこで弊社は、資産、特に超音波診断装置の運用・投資の最適化を目指して、IoT/デジタルを活用したAPMサービスの提供を開始しました。

APMとは

今ある資産を最大限生かす… アセット・パフォーマンス・マネジメント(APM)


APMソリューションサービスとは、効率的・効果的な資産運用を実現するため、お客様が持つ課題・ニーズを共に解決することを目的としています。
①機器管理、②機器のパフォーマンスに関するデータを可視化・分析し、③改善提案(コンサルティング)だけでなく、④改善の実行・浸透までを実行します。

apmmanagement

例えば超音波診断装置では、機器のパフォーマンスに関連する状態・故障率・使用回数・使用場所等のデータを収集し、クロス分析を行います。院内システムである資産管理システムや院内情報システム(HIS、RIS、PACS等)と連携したり、ポータブル型の超音波診断装置など、院内情報システムに使用履歴が登録されない機器は、IoTセンサを設置したりすることで、データ収集を行います。



機器メーカーに依存しない、医療機関の全体最適を目指すサービス


医療機関では、私たちGE製以外の機器もたくさん使用されていますので、このAPMサービスも勿論、機器メーカーに依存せず医療機関内の全機器を対象に稼働の可視化を行います。



brilliantplatform2


Brilliant Hospital構想

インダストリアル・インターネットを活用した、

GEヘルスケアのBrilliant Hospital構想


■Brilliant Hospital構想とは?
病院が輝く未来へ。ビッグデータで描く、病院経営の次世代戦略。

放射線機器イメージ Brilliant RaDi はGEヘルスケアが推進する「Brilliant Hospital 構想」の1st.ステップとして提供される、放射線科の課題解決に特化したサービスです。
Brilliant Hospital構想とは、院内の「物と人」をネットワークで接続し、そこから収集したビッグデータを一元的に高度分析する“インダストリアル・インターネット"を医療現場において活用することで、放射線科のみならず医療従事者や経営者に対して新たな知見を提供する新しいサービス体系です。Brilliant Hospital でプラットフォーム化されたネットワークとクラウド、そして全国のサービスデリバリーチームは、施設間連携を拡大するだけでなく、物理的な制限を超えたリソースと資産の最適化にも役立つものと考えています。

Brilliant Hospital