アルツハイマー型認知症診断薬ビザミルの効能・効果

FASTlab ビザミルカセットはアミロイドイメージング(脳内のアミロイドβタンパクの沈着を画像化)を行うPET用診断薬を合成するカセットです。

日本で初めてカラーによるアミロイドイメージングが可能となりました。認知症診断における強力なサポートツールとなります。またすでにFASTlabを導入済みのご施設でも、 ビザミル機能拡張オプションにて、装置の入れ替えを行うことなく簡単にアミロイドイメージング用診断薬を合成することができます。


効能・効果

アルツハイマー型認知症が疑われる認知機能障害を有する患者の脳内アミロイドベータプラークの可視化

重要な基本的注意

  1. フルテメタモル(18F)を用いたPET 検査の実施にあたっては、日本核医学会、日本認知症学会及び日本神経学会の定めるガイドライン「アミロイドPET イメージング剤合成装置の適正使用ガイドライン」に基づき、適切な対象者に検査を実施すること。特に無症候者に対するアルツハイマー病の発症前診断を目的としてフルテメタモル(18F)を用いたPET 検査を実施しないこと。(一部の健康高齢者及びアルツハイマー型認知症以外の認知症患者にも脳内アミロイドベータの蓄積が認められる場合があるため)
  2. アルツハイマー型認知症の患者にはアミロイドベータプラークが認められるが、他の認知機能障害の患者や認知機能が正常な高齢者にもアミロイドベータプラークが存在することがあるため、アルツハイマー型認知症の診断は、他の関連する検査結果や臨床症状等に基づき総合的に判断すること。

医療機器承認番号:22300BZX00445000
VIZAMYL(ビザミル)はGEの登録商標であり、一般名はフルテメタモル(18F)です。

読影e-トレーニング

読影者向けトレーニングプログラム

本トレーニングは、フルテメタモルを用いたPET画像の読影方法を医療従事者向けに解説しています。このトレーニングプログラムは、フルテメタモルを用いたPET画像を正しく読影するためにご活用ください。トレーニングプログラムを終了しIDとパスワードを取得した後、テストで理解度を確認していただく流れとなっております。

eトレーニングはこちらから
トレーニング
 

お問い合せ先:vizamyl.e-training@ge.com

テスト修了後発行される修了書(PDF)は日本核医学会の読影認証を取得する際に必要となりますので、各自で保管・管理をお願いします。読影eトレーニングプログラムでは個人の受講及び修了履歴の管理をしておりません。紛失された場合は再度テストを受講し修了していただく必要があります。

お役立ちリンク

製造施設認証について

VIZAMYLTM(ビザミル)を臨床でご利用になる場合、各ご施設において日本核医学会の実施するPET薬剤製造施設認証が求められます。詳細は下記リンクをご参照ください。

(ア) 日本核医学会 診療用PET薬剤製造施設認証について
(イ) 日本核医学会 分子イメージング臨床研究に用いるPET薬剤についての基準

撮像認証について

VIZAMYLTM(ビザミル)を臨床でご利用になる場合、各ご施設において日本核医学会の実施するPET薬剤撮像施設認証が求められます。詳細は下記リンクをご参照ください。

(ウ) 日本核医学会によるPET撮像施設認証の概要
(エ) アミロイドイメージング剤を用いた脳PET撮像の標準的プロトコール公開版第3 版

その他のお役立ちリンク

日本核医学会

日本核医学会 施設認証について

放射線医学総合研究所 PET薬剤製造GMP化応援ホームページ

放射線医学総合研究所 PET薬剤製造施設認証のための監査

日本認知症学会、日本神経学会、及び日本核医学会によるアミロイドPETイメージング剤の適正使用ガイドライン