特長1

SIGNA Pioneer 新機能

先進のテクノロジーを凝縮

1. MAGiC(MAGnetic resonance image Compilation)
MRI診断を変える新たなイノベーション

MAGiC Webはこちら
SIGNA Pioneer

2. SILENT SCAN
“音”をださない*1 というやさしさ。
SILENT SCANは、世界で初めて*1音のしない*2MRI検査を可能とした画期的なMR技術です。
発生する騒音をいかに小さく抑えるかという従来の「静音化」技術とは異なり、
検査環境音に対してわずか3dB以下の音量で撮像を可能とします。
*1 2014年11月調査 *2 検査環境音+3dB以下


SIGNA Pioneer
薬事認証名称: シグナPioneer
医療機器認証番号: 227ACBZX00011000

特長2

デジタル技術の進化 “TDI”(Total Digital Imaging)

TDI technology … 3つの新たなデジタル技術を搭載

1. Digital Surround Technology  (DST)
Body Coil(1ch) & Surface coilの画像の融合 : 信号強度の均一性がさらに向上

SIGNA Pioneer

2. Direct Digital Interface (DDI)
『1channel = 1 digitizer』
デジタル技術をさらに進化させ、1つのレシーバーに対して、
1つの高性能のアンプ&デジタイザーを搭載。
これにより、従来のデジタルMRと比較して25%SNRが向上※します。
※ 当社比較

SIGNA Pioneer

特長3

高い経済性・設置性の実現へ

1. 省スペース化 3.0Tにおける最小の設置面積※1実現へ
設置面積はそのままで1.5Tからのリプレースも可能となります。
(最小設置スペース:29 m2)

2. 省エネルギー 高い経済性の実現へ
・MRに必要な消費電力をこれまでより約50%削減※2
・スリープモードを搭載して、無駄な電力消費を削除可能

※1 平成27年4月現在。各社製品設置計画書に基づく比較
※2 当社比較

特長4

快適な検査の実現

1. ワイドボアMRにさらなる患者快適性を求めて
・検査時の快適性を求めて、撮像テーブルの幅は56cm
・高齢患者さんも安心して検査に迎えるため、寝台の最低高は52cm

2. 簡素なワークフロー&操作者へのエルゴノミクス
・ガントリー操作の自動ガイド機能を搭載
・インテリタッチ機能により、ランドマーク位置を指でワンタッチすることで設定可能