紹介動画

SIGNA Explorer Newgrade更に詳しい情報はこちら

 


薬事認証名称:シグナ核磁気共鳴コンピュータ断層撮影装置
認証番号:16100BZY00207000

薬事認証名称:シグナエコースピード
認証番号:20900BZY00067000

薬事認証名称:シグナ EXCITE HDx 1.5T
認証番号:21800BZX10026000

経済性

SIGNA Explorer Newgrade初期投資の削減

既設のマグネットを残すため、新規リプレースに比べて、初期投資を抑えたご提案が可能です。

SIGNA Explorer Newgradeランニングコスト削減

消費電力の削減を追求したハードウェア設計により、従来のMRに比べ34%の省エネルギーを実現。*
これまでの装置と比較して、ランニングコストを抑えることが可能です。(*当社比)

SIGNA Explorer Newgrade更に詳しい情報はこちら

性能の向上

SIGNA Explorer Newgrade診断能の向上

新しいアプリケーションが追加されることで、検査の質の向上が期待できます。

“Needle-free” 検査において患者さんへ“やさしさ”を提供するというコンセプトの非侵襲アプリケーション
“Motion-free” 様々な患者さんや検査に対応できる高度な体動補正技術を多数搭載
“Stress-free” ハイレベルな臨床ニーズに対応し、検査の質を高めるアプリケーション

SIGNA Explorer Newgrade高齢化に対応

高齢患者さんのMR検査に配慮したソフトウエアデザインを採用しています。

SIGNA Explorer Newgrade検査時間の短縮

装置性能が向上することで、検査時間の短縮が可能に。これにより検査効率や検査の"質"の向上に貢献できます。

SIGNA Explorer Newgrade更に詳しい情報はこちら

ハードウェア

SIGNA Explorer Newgrade光デジタル伝送技術 Optixを新たに搭載

ガントリー内でアナログ信号をデジタル信号に変換し、光ファイバーケーブルで受信した信号を伝送するデジタル制御技術。従来型のMRIで採用していたアナログ信号伝送方式と比較して、伝送時に外部ノイズの影響を受けなくなるため、MR信号の劣化を解消し、より高分解能かつ短時間の撮像が可能となります。

SIGNA Explorer Newgradeガントリカバーもリニューアル

SIGNA Explorerで採用されている、ワイドフレアのガントリカバーへ交換。外観も一新し、SIGNA Explorerへと生まれ変わります。

SIGNA Explorer Newgrade更に詳しい情報はこちら

ワークフロー

SIGNA Explorer NewgradeReadyインターフェース

操作の効率化に配慮したさまざまな機能と搭載したインターフェースを採用。
自動位置決め機能など、オペレーション面でのスループット向上に貢献します。

SIGNA Explorer Newgrade選べる患者撮像テーブル

Explorerでは引き続き着脱型の患者撮像テーブルをご利用いただける他、現在 着脱型をお使いのお客様でも、ご希望によっては背面コイルの埋め込まれた固定型テーブルを採用いただけます。

SIGNA Explorer Newgrade更に詳しい情報はこちら