GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

病院経営および部門運営を支援する
分析・コンサルティングサービス 
「Applied Intelligence 医療データ分析サービス」
を新発売

~院内課題のアセスメント、様々なデータによる
クロス分析・KPIの可視化、および改善へのコンサルティングを
含めたトータルソリューション~

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、病院の経営改善、放射線などの部門運営の改善をサポートするサービス「Applied Intelligence (アプライド インテリジェンス)医療データ分析サービス」を8月10日(木)より販売開始します。このサービスは、GEがグローバルで推進している産業用IoTプラットフォームPredixをベースに、日本のヘルスケア分野において展開している「Brilliant Hospital構想*1」の1つとして開発され、日本のお客様の声を取り入れ、より日本のお客様のニーズにあうように日本チームでデザインしたものです。

*1 Brilliant Hospital構想: 院内の「人とモノ」をネットワークで接続し、そこから収集したビッグデータを一元的に高度分析する“インダストリアル・インターネット"を医療現場において活用することで、放射線科のみならず医療従事者や経営者に対して新たな知見を提供する、GEヘルスケア・ジャパンの新しいサービス体系。

Image: Applied Intelligence 医療データ分析サービス

政府の主導する地域医療構想により病院の機能分化が加速し、また労働人口の減少に伴う医療現場における人手不足が深刻化する中、医療機関が地域社会に高品質な医療サービスを提供し続けるためには、経営、運営の効率化が不可避です。さらに、医療機器、情報システムの発展と共に、医療機関には多種多様で膨大なデータが蓄積されているものの、それらデータを十分活用しきれていない、 もしくは十分活用できるインフラが整っていないのが現状です。 この度GEヘルスケア・ジャパンが販売する「Applied Intelligence 医療データ分析サービス」では、お客様が抱えている課題を整理し、医療機関が保有するデータをベースに、課題解決に必要な業務指標、経営指標を可視化させ、改善にむけたコンサルティングサービスを提供します。

本サービスの開始に先立ち、GEヘルスケア・ジャパンは今年2月より社会医療法人 生長会 ベルランド総合病院(大阪府堺市)とパイロット契約を締結し、サービスの実証実験を行ってきました。ベルランド総合病院 放射線室技師長の鈴木賢昭氏は、パイロット事業の経緯および成果について、次のように語っています。
「医療計画や地域医療構想などの医療政策に即した運営を行う上で、DPCデータを用いた分析は自施設でもある程度できますが、RISなどの部門システムと統合したクロス分析を簡単に実現できるのは、このサービスの大きな特徴です。 また、単なるツールの提供ではなく、導入前のアセスメントでGEの手法であるワークアウトを用いての課題の整理・KPIの洗い出し・データソースの特定や、導入後の可視化された情報に基づく改善PDCAサポートも非常に有用です。 現在は、ダッシュボード上で可視化された情報を元に、放射線科におけるCT検査の待ち時間短縮、および地域連携室と共にデータに基づく紹介患者増を目指した活動を展開しています。 現場によるPDCAの改善は今までも行ってきましたが、ダッシュボードで成果が数値で見えることで、より的確かつ効率的な活動が可能になり、スタッフのモチベーション改善や働き易い職場環境にもつながっています。」

【サービスの特徴】
トータルソリューション

・ 本サービスは①導入前の課題抽出・評価(アセスメント)、②分析プラットフォームの導入および導入過程におけるプロフェッショナル・サービス、③導入後のシステム運用・保守・改善コンサルティングサービスの3つで構成されます。
・ データの可視化だけではなく、お客様の経営的なアウトカムを実現できるように、コンサルティングサポートも提供します。

強力な分析プラットフォーム
・ GE製品・システムのみならず、第三者のデータソースにも対応しています。
・ データソースの種類はデータベース、Webサービス、CSVファイルなど多様な形式をサポートし、迅速かつ多方面のクロス分析が可能になります。

多彩なダッシュボード
・ 様々な視点や角度からの参照やドリルダウンを行いながら、直観的な分析が可能となります。
・ ダッシュボードで可視化された情報は簡単にレポートとしてダウンロードし、意思決定に活用できます。

GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEヘルスケアの中核拠点の1つとして、1982年に設立されました。国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えする、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。CTやMRI、超音波診断装置などの医療用画像診断から、体内診断薬、細胞解析装置などのライフサイエンス(生命科学)まで幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、GEの世界戦略「ヘルシーマジネーション」で掲げる「医療コストの削減」「医療アクセスの拡大」「医療の質の向上」の実現を目指します。2017年4月1日現在の社員数は2,000名、国内に本社および60カ所の事業拠点。ホームページアドレスはwww.gehealthcare.co.jp(ライフサイエンス統括本部:www.gelifesciences.co.jp)。