GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

国循とGEヘルスケア・ジャパン、
次世代病院システム構築と
オープンイノベーション推進に向けた
パートナーシップのための包括協定締結

国立研究開発法人国立循環器病研究センター(所在地:大阪府吹田市 理事長:小川久雄 以下、国循)とGEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、国循が進める産官学連携によるオープンイノベーションにおいて要となる最先端医療技術の開発および次世代病院システムの構築に向けた両者のパートナーシップのための包括協定を本日締結しました。

国循は、高度専門医療研究センターとして循環器疾患の究明と制圧に挑むことを理念として掲げ、循環器領域における世界トップレベルの医療・研究の実現に取り組んでいます。2018年度には吹田操車場跡地への移転建替を予定しており、国循を核とした最先端医療・医療技術の開発のための産学官の連携によるオープンイノベーションを展開しようとしています。

一方、国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持つGEヘルスケア・ジャパンは、日本の医療課題の解決を目指し、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。

この度両者が締結する包括協定は、国循が2019年に北大阪健康都市(最寄駅JR岸辺駅)に開設予定のオープンイノベーションセンター(愛称「健都(けんと)」)における共同研究およびシステム構築に関するもので、GEヘルスケアが提供する技術・ソリューションにより、同センターでのオープンイノベーションを両者のパートナーシップで推進するための枠組みについて、相互の意思を確認することを主目的としています。

包括協定締結後には下記の項目の検討が予定され、今後、それぞれについて具体的な内容の協議を進めていく予定です。
・ 複数画像診断機器にまたがる共同研究の実施。
・ 共同研究の領域は、日本における健康寿命の改善に寄与する脳卒中、循環器病、およびデータ活用による院内外の情報一元化とオペレーション改善を目的としたIoT。
・ 研究テーマは、臨床有用性評価、技術開発、病院の機能強化など多面的なもの。
・ 国内への発信にとどまらず、日本から世界に提案できる研究・開発を想定。

今回の包括協定の締結により、循環器疾患分野の予防・医療・研究において、同イノベーションセンターが日本はもとより世界をリードする存在になることを目指します。

国立循環器病研究センターについて
国循は、高度専門医療研究センターとして循環器疾患の究明と制圧に挑むことを理念として掲げ、循環器領域における世界トップレベルの医療・研究の実現に取り組んでいます。1977年に開設した当センターは、「病院」「研究所」「研究開発基盤センター」の3部門からなり、これら3部門を一体として運営していることが大きな特徴です。病院は、「心臓血管部門」と「脳血管部門」が併設され、連携して最先端の医療を提供している世界的にも稀有な施設です。2010年4月に設立された「研究開発基盤センター」は、臨床研究と疫学調査の推進、知的資産の活用など複合領域の研究を推進しています。

GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEヘルスケアの中核拠点の1つとして、1982年に設立されました。国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えする、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。CTやMRI、超音波診断装置などの医療用画像診断から、体内診断薬、細胞解析装置などのライフサイエンス(生命科学)まで幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、GEの世界戦略「ヘルシーマジネーション」で掲げる「医療コストの削減」「医療アクセスの拡大」「医療の質の向上」の実現を目指します。2017年1月1日現在の社員数は約2,000名、国内に本社および60カ所の事業拠点。ホームページアドレスはwww.gehealthcare.co.jp(ライフサイエンス統括本部:www.gelifesciences.co.jp

Related

過去のプレスリリース