GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

GEヘルスケア、がん治療への投資を加速
バイオセーフグループの買収により、
細胞治療の産業化を主導

総合的な細胞治療および再生医療事業の強化により、革新的な救命治療の提供を目指す

* 本報道資料は2016 年7月13日に英国で発表されたプレスリリースの和訳版です。

GEヘルスケアは、急成長する細胞治療および再生医療産業用の総合的な細胞加工プロセスシステムのサプライヤーであるバイオセーフグループ(Biosafe SA)を買収しました(買収額は非公開)。バイオセーフ社の買収により、細胞治療の顧客向け製品、ソリューションおよびサービスからなるGEヘルスケアのエコシステムが拡大され、数多くの新しいタイプの細胞や治療法にGEの技術が活用されることになります。

細胞治療の登場により、世界で最も困難な病気の多くに、そして特にがんに対し、救命治療および治癒の可能性のある治療が提供できるようになり、医療のランドスケープは急速に変化しています。がんに対する細胞治療市場だけで、2030年までに300億ドルに達すると予想されており*1、2015年末には、患者さんの人生を変える可能性のある600以上の治療法の臨床試験が実施されました*2

スイスのジュネーブ湖地域に本社を置く世界的企業バイオセーフ社は、自動化細胞加工プロセスにおいて20年の実績があり、バイオプロセス、再生医療および幹細胞バンク領域におけるリーダーとして認められています。同社の専売製品は、閉鎖系の流路とシングルユースの消耗品を用いた、従来型のプロセシングツールにはない優れた利点を有しています。GEヘルスケアのライスサイエンス事業とバイオセーフ社の戦略は合致しており、両社による補完的ビジネスモデルにより、製品開発およびカバーできる市場範囲が拡大され、顧客、そして最終的には患者にとって大きな利益がもたらされることになります。

GEヘルスケアライフサイエンスのCEO、Kieran Murphyは、次のように述べています。「GEは、世界に通用する細胞・遺伝子治療用ツール、技術およびサービスを構築中であり、バイオセーフ社の専門技能および革新的システムは、顧客へ提供できるソリューションを大いに高めることになります。GEとバイオセーフ社は、顧客のプロセスの全段階において最適化を支援し、製造リスクを顕著に減らし、これら素晴らしい新薬へのアクセスを増やす、という総合的なアプローチについてビジョンを共有しています。」 バイオセーフグループSAの創業者兼会長、Claude Fellは、次のように述べています。「GEと当社が一緒になることで、両社のもつ生物学的、工学的および産業における強みが結び付き、細胞・細胞免疫療法の分野を加速させ主流へと押し上げる一助となります。それにより、世界中の患者が恩恵を受けることができ、個別化医療のビジョンが実現されることになります。」

また、両社統合後の新たなGEヘルスケアの組織の下、引き続きバイオセーフ社を率いる同社CEOのOlivier Waridelは、次のように述べています。「GEヘルスケアと一緒になることで、バイオセーフ社の独自の細胞プロセシング技術をGEヘルスケアの強力なグローバルのインフラに結び付けるという、素晴らしい機会を得ることになります。それにより、我々の顧客に対し、さらなる能力を提供することができ、市場浸透も強化されるでしょう。」

GEの戦略は、業界およびパートナーと連携して細胞療法用のツール、ソリューションおよびサービスを完備したデジタル対応のエコシステムを開発するというものであり、その目的は、顧客に求められる標準化、共同研究および統合を促進させて、これらの新療法を臨床現場の主流に適用することにあります。GEは、カナダのCentre for Commercialization of Regenerative Medicine(CCRM)、英国のCell and Gene Therapy Catapult、オーストラリアのCell Therapy Manufacturing Cooperative Research Centreといった業界のリーダーだけでなく、ペンシルバニア大学、カロリンスカ研究所、スローン・ケタリング記念がんセンター、メイヨークリニックといった主導的な立場を担う臨床センターとも、世界的レベルで協働を行ってきました。

2016年、GEは、細胞療法および再生医療の分野における更なる巨額投資を発表しました。4月に、GEベンチャーズとメイヨークリニックは、先進のクラウド型ソフトウェアシステムおよび製造サービスを通じて細胞・遺伝子療法へのアクセスを加速させるための独立プラットフォーム型の企業、ヴィトルヴィアン・ネットワークス社(Vitruvian Networks)の立上げを発表しました。また、1月には、GEは、トロントにおいて細胞治療の製造に向けた新技術を加速するために、カナダ政府との3,150万米国ドルの共同投資による、BridGE@CCRM(再生医療商業化センター)細胞療法センターオブエクセレンスを発表しました。

GE ヘルスケアについて
GEヘルスケアは、より多くの人々に身近で質の高い医療をお届けするため、先進的な医療技術並びに医療・研究機関向けの各種サービスの開発・提供にグローバル規模で取り組んでいます。世界が直面する困難な課題解決に取り組むGE(NYSE:GE)のヘルスケア事業部門として、 画像診断機器やソフトウェア開発、ヘルスケアITをはじめ、生体情報モニター、メディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)、創薬、バイオ医薬品、医療機関の経営支援まで、幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、患者さんに高品質でより安全な医療を提供することを支援しています。詳細についてはwww.gehealthcare.comをご覧ください。

バイオセーフグループSAについて
1997年に設立されたバイオセーフグループは、自動化細胞プロセシグシステムの設計、製造およびマーケティングに積極的に取り組んでいます。スイスに本社を置く民間企業のバイオセーフグループは、地域子会社(ジュネーブ、ヒューストン、香港、上海およびサンパウロ)を通じて営業しており、直接的に、または販売代理店を通じて、50ヶ国を超える国々で事業を展開しています。

*1 : http://www.centerwatch.com/news-online/2015/10/23/t-cell-immunotherapy-market-may-be-worth-30b-by-2030/
*2 : Alliance for Regenerative Medicine Q1 Data Report 2016 http://alliancerm.org/page/arm-data-reports#

本件に関するお問い合わせ:
GEヘルスケア 広報
Erin Bryant Erin.Bryant@ge.com +1 203 450 5326

Related

過去のプレスリリース