GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

GEヘルスケア、身の回りの「モノ」の中身をのぞける#SeeInsideプログラムを開始

~X線、CT、MRIのスキャン画像100枚を公開、科学の世界をお楽しみ~

*本報道資料は2014年11月6日に英国で発表されたプレスリリースの意訳版です。

GE ヘルスケア(本社:英チャルフォントセントジャイルズ、プレジデント兼CEO:ジョン・フラナリー)は、11月8日の国際放射線デーを祝い、11月6日に『#SeeInside』と呼ばれるオンラインプログラムを開始しました。

放射線は、日常あまり注目を浴びることはありませんが、最新の医療には不可欠な要素です。この重要性を社会に認識してもらうために、11月8日は国際放射線医学の日(International Day of Radiology:IDoR)*と定められています。 そこで、GEヘルスケアでは、IDoRの認知をさらに高めるために、「#SeeInside」プログラムを行います。#SeeInsideは、ブラジル、中国、ハンガリー、日本、韓国、米国のGEヘルスケアの研究ラボにおいてXレントゲンCTコンピュータ断層撮影装置MRI磁気共鳴断層撮影装置)という医療画像診断装置を用いて撮影された日ごろ目にするモノの画像100を、専用ウェブサイトで公開します。

SeeInside1

 

果物、野菜、ギター、デジタルカメラやおもちゃのボール、ゴム製のアヒルなどの身の回りのモノを、医療用の画像処理技術によって、通常とは異なる角度から見ることができます。それぞれの中身を見る、まさにSeeInsideすることで、X線、CTMRI装置の物理的かつ化学的構造の理解が深まり、画像スキャンの仕組みを把握することができます。
#SeeInsideの詳細は、プログラムウェブサイトwww.geseeinside.comの画像ギャラリーをご覧ください。また、TwitterとInstagramの#SeeInsideもフォローして、最新画像で明らかになる科学の世界をお楽しみください。

SeeInside2

国際放射線医学の日(International Day of Radiology
ヨーロッパ放射線学会(ESR)、アメリカ放射線医学会(ACR)、北米放射線学会(RSNA)の提唱で、11月8日を「International Day of Radiology (IDoR):国際放射線医学の日」として設定し、国際的に様々な活動が行われます。(日本医学放射線学会のHPより引用)

GEヘルスケアについて
GEヘルスケアは、より多くの人々に身近で質の高い医療をお届けするため、先進的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスの開発・提供にグローバル規模で取り組んでいます。世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEのヘルスケア事業部門として、画像診断機器やソフトウェア開発、ヘルスケアITをはじめ、生体情報モニター、メディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)、創薬、バイオ医薬品、医療機関の経営支援まで、幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、患者さんに高品質でより安全な医療を提供することを支援しています。詳細についてはhttp://www3.gehealthcare.co.jp/をご覧ください。