GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

CTに求められる三大要素をすべて網羅した
「Revolution CT」発売

-高分解能・高速化・カバレージを同時に満たす最上位機種により、
2025年型医療モデルで高度急性期を目指す医療機関のニーズに対応-

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:川上潤)は、4月11日(金)、「高分解能(画質)」「高速化(スピード)」「カバレージ(撮影範囲)」というCT(コンピューター断層撮影装置)に求められる三大機能を最高レベルで追求した最上位機種「Revolution CT(レボリューションシーティー)」を発売します。従来実現が困難であった三要素をすべて兼ね備えた本製品の発売によって、GEヘルスケア・ジャパンは2014年をYear of Revolutionと位置づけ、市場のリーダーとしてのさらなる地位強化を目指します。また、超高齢社会における医療体制として政府が提唱する2025年モデルにおいて、高度急性期病院を目指す医療機関の差別化にも貢献します。

全ての人にやさしく安心な医療の実現のために必須と言われている「三大要素」
~そのすべてを高レベルで満たす技術開発~
多列化(高速撮影)の技術に主眼が置かれていたCTの機種開発は、2008年頃からは様々な臨床現場のニーズにあわせて「高分解能(画質)」「高速化(スピード)」「カバレージ(撮影範囲)」のいずれかの要素に特化して進められるようになってきました。これらは臨床現場においてCTに求められる三大要素であるものの、技術的に、いずれか一つの機能を追求すると他の要素に制限が生じることが一般的でした。
この度発売する「Revolution CT」は、このような従来のCT開発の課題を解決すべく、ハードウェアからソフトウェア、アルゴリズムに至るまで、すべてを新たに開発することで、三大要素を妥協なく融合させることに成功した画期的な製品です。Revolution CTの心臓部である3Dコリメータは、日野本社技術チームが開発、唯一日野工場にて生産され、世界中に向けて出荷されています。CT技術の根幹を支える3Dコリメータは、3大要素の融合時に発生する課題を解決する重要なコンポーネントであり、常に高い画像性能を提供します。また、常に高い画像性能を提供するため、散乱線を効率よく除去できるコリメータをはじめ、被験者の被ばく量をこれまで同様に低く抑える機能も搭載し、患者さんにやさしいCT撮影を可能としました。
Revolution CT1

「Revolution CT」の登場による患者さん・医療機関双方のメリット
「高分解能(画質)」「高速化(スピード)」「カバレージ(撮影範囲)」を網羅し、全体機能の向上を実現した「Revolution CT」により、これまで臨床現場で有していたCT撮影における様々な課題の解決に貢献します。たとえば、動きが早く意図的に止めることのできない心臓も瞬時に撮影ができるため、心拍数を抑える薬剤(βブロッカー)が不要になることが期待されます。また、じっとしていられない小児患者の撮影において一般的に使用される鎮静剤も、本製品の導入により大幅な削減が期待されます。さらに、診療科によって異なるCTへのさまざまなニーズのある医療機関にとっても、「Revolution CT」1台でそれらに対応することができるというメリットがあります。

Revolution
製品名: Revolution CT 
販売名称: 全身用X線CT診断装置
マルチスライスCTスキャナ Revolution
発売日: 2014年4月11日
初年度国内販売目標: 30台
医療機器認証番号: 226ACBZX00011000

 

 

 


■市場動向・販売戦略
国内のCTの上位機種の市場は、年間100台前後、全体の20%を占めます。この度発売する「Revolution CT」は、これまでの上位機種のすべての機能を備えた最上位機種となり、従来にない新たな市場向けの製品です。高度急性期病院を目指す大学病院や国立研究施設、大型民間病院など、医療の2025年モデルに向けて、最新鋭の画像診断装置の導入で差別化を図りたい医療機関を主軸に積極的に販売していきます。

■医療体制の「2025年モデル」について
2025年問題とは、厚生労働大臣の諮問機関である中央社会保障医療審議会によって2011年10月に医療・介護機能再編の方向性イメージとして提示されたモデルです。2025年には、高齢者人口が30%を超えるのみならず、団塊世代が75歳以上となり、その数が2000万人を超えるという時代が到来します。これを踏まえ、政府は、2025年までに整えるべき医療・介護機能再編を定めた「2025年モデル」を示しました。入院医療では「高度急性期」「急性期」「亜急性期・回復期」「長期療養」さらに在宅医療や介護施設などの「かかりつけ医・在宅医療」など患者の状況とニーズに合わせた機能分化を図ろうとするものです。
GEヘルスケア・ジャパンでは、「Silver to Gold = 超高齢社会における医療の在り方を変える」をテーマに、医療の機能分化により求められる新たなニーズに沿ったソリューションを構築し、提供して参ります。