GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

GEヘルスケア、「#GetFit」キャンペーンを開始
がん予防のための健康的生活習慣を世界に呼びかけ

*本報道資料は、2013年5月20日に米国で発表されたプレスリリースの意訳版です。

GEヘルスケア(本社:英チャルフォント セントジャイルズ、プレジデント兼CEO:ジョン・ディニーン)は、がん予防に関する年次のグローバル啓発キャンペーン「#GetFit(ゲットフィット)」(www.ge-getfit.com)の第3弾を2013年5月28日(火)より7月9日(火)(いずれも英国時間)まで実施いたします。

世界の多くの国では、3人に1人が一生の間にがんと診断されます。しかし、がんによる死亡の半数以上は、禁煙、健康的な体重の維持、適切な食生活、運動、推奨されるスクリーニング検査などの健康的な選択をすることで防ぐことができます。

こうした背景を踏まえて、GEヘルスケアはがん予防のための健康的生活習慣を促進するためのオンライン上のソーシャルキャンペーン「#GetFit」を2010年より実施して参りました。本キャンペーンでは、参加者に自転車通勤、禁煙、バランスのとれた食生活等のがん予防に繋がる生活習慣にチャレンジして頂き、その経過をソーシャルメディア・チャネル上で発信して頂きます。「#GetFit」のハッシュタグを使用して共有された健康習慣やコツに対してはポイントが与えられ、その得点や個数を、全世界の人たちと競い合うことができます。また、参加者数および参加者の活動は、リアルタイムで確認することができます。

今年のキャンペーンでは、インスタグラム、ツイッター、中国版ツイッターの新浪微博(ウェイボー)などのソーシャルメディア・チャネルを活用して参加や交流、呼びかけができるようになります。また、米国がん協会と協力して、近年の研究や新たな調査結果に脚光を当て、がん発症リスクの低減に貢献できる健康習慣の促進を世界中の人々に呼びかけます。

GEヘルスケアのプレジデント兼CEOジョン・ディニーンは、次のように述べています。「がんの早期発見の啓発、各個人による定期的なモニタリングの奨励、がんの内在的リスクに対する理解の向上が、当社が「#GetFit」を実施する理由です。また、がんのような疾病の早期発見に役立つ技術は、同様に重要になります。GEヘルスケアでは、5年間で10億ドルを投じてがんに関する世界水準のソリューション開発を行っていますが、私はこの進捗状況を誇りに思っています。」

GEヘルスケアは、今後も疾病予防の啓発を通じて、生活者の医療に関する課題解決に努めて参ります。

GetFit

<第3回「#GetFit」キャンペーンについて>

■啓発活動とオンライン上の呼びかけ、新たにモバイル対応
複数回の受賞歴を持ち、今年で3年目となるこの「#GetFit」キャンペーンでは、世界中の数百万の人々に情報が伝わると予想されています。キャンペーンの参加者には、ソーシャルメディアを通じて自身の健康習慣を共有し、チャレンジに参加するよう呼びかけます。さらに今年は、モバイル利用者用に開発されたウェブアプリも新たに導入され、外出先でも自身の健康習慣が管理できるようになります。

■#GetFitチャレンジ
今年の「#GetFit」キャンペーンの一環として、いくつかの世界的なチャレンジが発表されました。具体的には、「体を動かそう(Move Your Body)」、「ヘルシーな食生活をしよう(Eat Healthy)」、「健康をコントロールしよう(Own Your health)」の3つです。参加者は、スポーツや活動的なライフスタイル、食事と栄養、そして紫外線対策・喫煙・アルコール摂取の中からチャレンジを選択することができます。各チャレンジの開始時には、悪い習慣を断ち切り健康習慣を実現するわかりやすい方法や助言、励ましの言葉を含んだ短い動画を見ることができます。

参加者には、6週間のチャレンジの始めと終わりに自身の生活習慣に関する短いアンケートに答えていただきます。これにより、参加者は自身の進捗状況とキャンペーン期間中に改善されたライフスタイルの変化を確認することができます。本キャンペーンをさらにサポートするために、GEヘルスケアでは世界的な調査および最近の研究の追加評価を委託しており、調査結果は6月中旬に発表される予定です。

GEヘルスケア・ジャパンのツイッターアカウントでも経過をつぶやきますので、ぜひフォローください。
アカウントID:@GEHealthcareJ
URL:https://twitter.com/GEHealthcareJ

<GEヘルスケアについて>
米ゼネラル・エレクトリック(GE)のヘルスケア事業部門であるGEヘルスケアは、次世代の患者ケアをデザインする先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスを提供しています。画像診断やヘルスケアITをはじめ、メディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)や生体情報モニターから、創薬、バイオ医薬品、ならびに医療機関の経営支援に至るまで、幅広い分野にわたる専門性を生かし、全世界で一人でも多くの人に、より低コストで質の高い医療を提供することを支援しています。また、ヘルスケア分野のリーダーと協力のもと、世界レベルの規制変更を活用し、持続可能なヘルスケアシステムにスムーズに移行することを目指しています。当社の最新ニュースについては、http://newsroom.gehealthcare.comをご覧ください。

2011年9月、GEヘルスケアは、当社の先進的ながん診断および分子イメージングと、バイオ医薬品製造およびがん研究に向けた当社の世界水準の技術の進展を目的として、今後5年間で研究開発(R&D)総予算から10億ドルを拠出すると発表しました。

本発表文の公式バージョンはオリジナル言語(英語)版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

お問い合わせ先
GEヘルスケア・ジャパン(株) コミュニケーション本部 ブランチャード/松井
Tel:0120-202-021