ミニセミナーのご案内

GE Healthcare mini seminar
会場:富山国際会議場2F 206会議室

GEヘルスケア・ジャパンの展示ルームでは、IHE/XDSに関連した技術や製品、 外部保存などをテーマとしたミニセミナーを定期的に開催いたします。
「院内統合&地域連携」、「外部保管(クラウド)」 2大テーマを一回のミニセミナーで網羅します!

GEヘルスケア ブース ミニセミナースケジュール
GEヘルスケアブース 6/21(金) 6/22(土)
10:00~10:30申し込みボ��ン 10:00~10:30申し込みボタン
11:00~11:30申し込みボタン 11:00~11:30申し込みボタン
14:00~14:30申し込みボタン 13:00~13:30申し込みボタン
15:00~15:30申し込みボタン 14:00~14:30申し込みボタン
17:00~17:30申し込みボタン 15:00~15:30申し込みボタン
時間帯をクリックしてセミナーにお申込みください

当日アンケートにお答えいただいたお客様に会場にて粗品を進呈致します。ぜひご参加ください!


セミナー内容

<院内の医療情報統合から他施設との医療情報連携へ>

GEヘルスケアのCentricity Clinical Archive (CCA) は院内の診療部門や検査部門などに分散する様々な診療情報を統合管理・参照するためのソリューションです。
DICOM形式の検査画像だけでなく、同意書・紹介状などの 文書類やデジカメ画像といったDICOM形式以外のデータを、国際標準技術の医療情報連携プロトコル(IHE XDS*)に 基づいて統合的に管理できます。複数の医療機関をまたぐ 診療情報の連携基盤としても運用することができ、 診療情報の院内での分散という課題の解決と医療機関間の 情報連携に貢献するソリューションとなっております。
またWebベースの情報参照のポータルである Patient Information Viewer (PIV)では、2004年より販売してきた前身のCentricity CDSで培った豊富な経験に基づき、医療画像・検査レポート・医事文書などの様々な診療関連 情報を網羅的に俯瞰でき、閲覧したい情報に素早く簡単に アクセスできる機能を開発いたしました。
*Cross-enterprise document sharing

Centricity Clinical Archive (CCA)

<安全・安心の外部保管サービス「医知の蔵」>

サーバ容量の枯渇やサーバー室のスペースの問題、増設やデータ移行の煩雑さ、また運用負荷・コスト負担の軽減や災害対策など様々な課題の解決の方法として、 医療機関が自施設で保管していた医用画像データを民間のデータセンターに外部保管するケースが増えつつあります。
GEヘルスケア・ジャパンは医用画像のクラウド・ホスティングサービスである「医知の蔵」、また医知の蔵と他社のPACSシステムを結ぶゲートウェイである「医知の門」を提供しています。
これらクラウドサービスの利点、導入において必要なポイントを事例を踏まえてご紹介させていただきます。
また遵守すべきガイドライン、ガイドラインに対する具体的な方法など病院で必要になる対応に関してご説明させていただきます。

「医知の蔵」

開催概要

第17回日本医療情報学会春季学術大会

大会テーマ 医療情報の「先用後利」を考える
主催者 一般社団法人 日本医療情報学会
大会長 中川 肇先生(富山大学附属病院)
大会長特別補佐 成清 哲也先生(東京医科大学)
プログラム委員長 花田 英輔先生(島根大学医学部附属病院)
実行委員長 山下 芳範先生(福井大学医学部附属病院)
会期 6月20日(木)~22日(土)
会場 富山国際会議場
〒930-0084 富山県富山市大手町1番2号
TEL:076-424-5931

会場アクセス