MR

MR

Optima MR360 Advance 1.5T

患者さんの目線となり開発してきた新しい光デジタルMRを今年2月に発売開始しました。

GEの最上位機種と同じ多彩なアプリケーションが搭載可能となっています。

また、そのデザインは患者さんへの“やさしさ”を追及したCARING DESIGNを採用しています。

製品の詳細をブースにてご紹介致します。ぜひブースへお越しください。

より詳しい情報はこちら




私たちがご説明いたします。

MRIの展示では、患者さんへの“やさしさ”を追求した1.5Tの新製品である「Optima MR360 Advance」のモックアップを展示します。このほか、ワイドボアのフラッグシップ製品であるDiscovery 750w及び Optima 450wを含めて、“光デジタルMR”のラインナップをブースにてご紹介します。また、GEの最先端技術であります肝臓のエラストグラフィー「MR Touch」については、学会においてランチョンセミナーを開催し、ブースではその製品紹介も行います。ぜひ皆様、GEのMRブースにお越し下さい。

担当製品:Optima MR360 Advance
部署名:MRセールス&マーケティング部
氏名:清水俊博

Optima MR360 Advance 1.5T



MRセールス&マーケティング部 清水俊博

CT

CT

Discovery CT750 HD FREEdom Edition

Veo並びにASiR、そしてFREEdom Editionの高画質臨床実績を数多くご紹介いたします。

より詳しい情報はこちら












私たちがご説明いたします

ITEM2013のCTブースでは、各CT製品が各コンセプトを持って登場します。詳細はブース内でご紹介したいと思いますが、「Clinical Confidence」(確かな臨床)、「Technology」(技術力)、「Silver to Gold」などのコンセプトを全面に打ち出します。多くの臨床データ、エビデンス、技術紹介を行いたいと思っていますので、是非、GEのCTブースにお立ち寄りください。

担当製品:Discovery CT750 HD FREEdom Edition
部署名:CTセールス&マーケティング部
氏名:瀬川晃司


Discovery CT750HDに採用されたSnap Shot FreezeやGSI CardiacはGEの技術力を粋を集めたものになっていますし、また、国内開発・製造されているOptimCT660は、海外の市場でも大好評であり、IJFG(In Japan For Global)を実現している製品です。日野CT技術部の責任者として、我々の製品の真価と進化を是非、体感してもらいたいと思っております。また近未来を踏まえた話を、テクノロジーパビリオンブースでも予定しています。GEの技術力を紹介しますので、是非、ブースにお越しください。

CT技術部長 初鹿野剛

Discovery CT750 HD FREEdom Edition


CTセールス&マーケティング瀬川

CT技術部長 初鹿野剛

HCIT

Healthcare IT

Centricity PACS

読影のワークフローが変わる。楽になる。自分好みの読影環境を。使えば使うほど便利に。

“学習し、進化する”読影ビューア。ITEMにて新登場。

より詳しい情報はこちら

 





私たちがご説明いたします

日本発のグローバルスタンダードを創造する

日本の開発チームの使命は、日本のお客様が求めるきめ細やかな要求を日本のみの機能ではなく、グローバルな機能として提供することです。2週間という短い期間で  end to endの機能を作り上げるため、日々奮闘しております。ITEMで新しいCentricityの鼓動を是非感じてください。

ユーザーワークフローを見つめ直し、基本に立ち返ることによって得られたイノベーション

ヘルスケアITブースでは、画像に関わる業務の効率化を目指して開発された「Centricity Universal Viewer」をご紹介いたします。ユーザーの好みや傾向を学習するインテリジェントなハンギングプロトコルや、より少ないマウス操作で画像表示が可能なツールを実装しています。またマルチモダリティ・フュージョン、腫瘍計測自動レポーティングなどのアドバンスアプリケーションとのシームレスな連携もご覧戴けます。実際に触って体感していただくハンズオンセミナーを開催いたします。ぜひ、ヘルスケアITコーナーにお立ち寄りください。

担当部署:
Healthcare Information Technology DivisionSolution Sales
製品担当者: 渡邉直樹
開発技術者: 稲田和博
(写真 上:渡邉  写真 下:稲田)

Centry PACS

HCIT担当渡邉

HCIT担当稲田

MI

MI

Optima NM/CT640

「低線量」「高画質」「高速スキャン」を高次元で融合させた吸収補正用CTを新たに開発。

低被ばく・短時間撮影など患者負担を軽減しながら画質を高め、SPECT検査の診断能を向上させました。

より詳しい情報はこちら








私たちがご説明いたします

MIブースでは「From Late Disease to Early Health」を目標にしたPET/CT、SPECT、サイクロトロン・PET薬剤合成装置まで、幅広いご提案を致します。実機展示は、NM600シリーズの3機種目となる新製品 “Optima NM/CT 640”。低線量と高画質を両立させた新しい吸収補正用CT画像をご覧ください。PET/CTの新製品“Discovery PET/CT 710”・“Discovery PET/CT 610”では、研究・臨床対応のLBS/TOFとデリバリー低投与対応のBGO/超高感度検出器をベースに、画像再構成では解決できない呼吸性移動による画質や定量劣化問題を解決するQ.Freezeをはじめ、信頼のある定量PETへと誘うQ.Suiteパッケージにより、治療効果判定PETをご提案します。

MI Sales & Marketing部
代表:渡辺 文春

Optima NM/CT640

MI展示説明担当

I&S

Intervention&Surgery

Innova Series

斬新なアプリケーションとともに、高画質、操作性を追求した全身領域をカバーできる機能を紹介します。

より詳しい情報はこちら

 

 

OEC 9900 Elite

OEC 9900 Eliteは、優れた操作性上に、画質と線量の最適化バランスを追求した患者様に、そして、医療スタッフ様に対して、優しい外科用C-armです。

より詳しい情報はこちら

 

ITEM2013弊社ブースにて新血管X線撮影装置の
デモンストレーションを行います。
詳しくはブース情報もしくはPDFをご覧ください。

 


私たちがご説明いたします

今年のSurgeryのコーナーではデジタルモバイルCアーム装置「OEC 9900 Elite」の実機を展示します。低被ばくで高画質を実現し、モバイルCアームでのハイブリッドORソリューションをも提案する「OEC 9900 Elite」, みなさま、是非、ご来場いただき、実機にてその実力を体感してください!

部署名:Surgery sales & Marketing
氏名:松本知之

インターベンション



Surgeryセールス担当 

 

Digital RAD

Digital RAD

Discovery XR656

汎用性の高いワイヤレスフラットパネルディテクタ(Flash Pad)を搭載した最新デジタル一般撮影装置です。

より詳しい情報はこちら

 










私たちがご説明いたします

~アドバンスドアプリケーションから線量管理まで~
一般X線撮影装置ではデジタルの特長を生かす各種アプリケーションの紹介と線量管理についてプレゼンテーションを流します。回診車では実機を展示しその駆動性能を実感できるスペースを用意しておりますので是非来場のうえ実感ください。


部署名:Detection & Guidance Solutions/Surgery
氏名:行田勇人

Discovery XR656

Detection & Guidance Solutions/Surgery部行田勇人

BMD

Bone Mineral Densitometer

iDXA

優れた応用力と利便性。ダイレクトデジタル技術で高画質、高精度を一挙に実現。

より詳しい情報はこちら

iDXA

Digital Mammography

Digital Mammography

Senographe Essential

造影マンモグラフィSenoBrightオプション搭載可能なマンモグラフィです。

より詳しい情報はこちら

 

senographe essential

Ultrasound

Ultrasound

LOGIQ E9

多目的汎用のLOGIQシリーズ。

CTやMRなど他のモダリティ画像と同一画面で比較できるVolume Navigation機能。


より詳しい情報はこちら

 



ポケットエコー Vscan 1.2

 エコーの診断クオリティを日常に―。それがVscanが実現する、

これからの医療のスタンダードです。

 


より詳しい情報はこちら

LOGIQ E9 Vscan1.2

関連情報

掲載製品医療機器認証番号一覧