GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

KEY WORDS:

APM Predict:機器の故障を予兆することにより、生産性を向上させ患者ケアに専念できる環境を提供 
DoseWatch Starter:線量管理の義務化に際し、国際標準のシンプルな機能で、最低限の線量管理ニーズに対応 
APM/CPMコンサルティングサービス:機器や資産データの収集、分析、改善まで一気通貫して病院の運営を支援



Brilliant Hospital
~デジタルが可能にする病院の未来像~

Brilliant Hospital構想とは、IoT/AIを医療現場において活用し、医療従事者や経営者に対して新たな知見を提供するGEへルスケアの新しいサービス体系です。病院内のモバイル端末や電子カルテでデジタル化された院内業務、ネットワークにつながる医療機器とその情報、従業員のオペレーションデータや臨床データなどをネットワークで接続し、収集したビッグデータを病院運営に活用していく、そんな未来型の病院が「Brilliant Hospital」です。

従来の病院向けサービスモデルは、製品が「壊れたら直す」というような顧客からの依頼ベースの保守サービスが主流でした。しかし今、多機能化する医療機器、また増加する検査需要や医療従事者の患者ケア負担など、日々医療現場の課題に追われ奔走する病院において、このような受動型のサービスに変革が求められてきています。

IoT/AIを活用した「Brilliant Hospital」では、院内の様々な課題が生じる前に「何が起こるのか?」をビッグデータ分析で予測的に導きます。院内の人・モノの情報をつなぎ、データを病院の資産にすることで、病院経営の改善が可能になります。




APM Predict


TubeWatch、OnWatch、iCenter次世代の保守サービスを開始します。AI、ビッグデータを活用したTubeWatch、OnWatch故障予兆システムにより、予期せぬダウンタイムを計画的な修理サービスへ。また、医療機器の資産活用データをオンラインで可視化するiCenterによって、より便利で効率的な資産管理を支援します。大型医療機器のコスト損失、検査遅延やキャンセルによる収益損失、そして病院の評判を低下させる評判損失と、3つの大きな損失を防ぎ、安心して患者ケアに専念できる環境を提供します。




iCenterでは、TubeWatchやOnWatchなどの予兆対応による、より詳細な対応結果、作業履歴(作業報告書オンライン保存含む)や点検計画、並びに他院とのベンチマーク比較などが、ワンポータルで管理できるようになります。
(iCenterご紹介動画:https://bcove.video/2HnfJqU)





DoseWatch Starter


既に世界各国で約900の医療施設で導入されている、国際基準に準拠したGEの線量管理ツール「DoseWatch」を、日本国内の線量管理の義務化に先駆けて導入検討されている医療施設向けに、2019年度のスタートアップに最適化された “DoseWatch Starter”の提供を開始します。

DoseWatch Starterの特徴は、国際標準線量管理基準に準拠したソフトウェアデザインによる、世界で蓄積された線量の最適化を行うKnow-Howを享受しつつも、機能をシンプルにすることで初期投資や運用コストを抑えたいという日本国内のお客様のニーズに特別に対応した新ラインナップを世界で先行してリリースします。
対象とするモダリティーとしては義務化対象となるCT、アンギオ、PET-CT、SPECT-CTの全ての線量管理が可能です。

また、蓄積されたデータは、線量管理に留まらずに、別途オプションにて提供されるCPM(Clinical Performance Management)サービスによる院内ビッグデータとして、放射線科全体の運営の最適化(予約待ち時間削減やプロトコル改善によるスループット向上等)に利活用するための分析連携モジュールが標準で搭載されています。







APM/CPMコンサルティングサービス


医療の質を上げて、コストを抑制する。GEはこれからのヘルスケア産業にデジタルを活用して、データ収集、分析、最適化支援といったコンサルティングと業務改善プロジェクトを一元受託することで、お客様の変革を加速させます。本イベント開催期間においては、当社ブースにて、全国で拡大する様々な医療機関でのプロジェクト事例や導入効果の紹介、並びにお客様が抱えられている課題に対して、戦略的なアプローチに関する個別アドバイザリーを弊社アナリストスタッフが行います。

Asset Performance Management(APM)
院内で保有する機器資産を各診療科別に「個別に最適化する」ことから、院内全体で共有化して「全体で最適化する」ことで、スケールメリットによりコスト抑制と老朽化した機器資産の最新化の実現を支援します。
例:小型医療機器にIoTセンサーを取り付け、利用場所や利用回数を客観的に把握し、資産の利活用や共有化を行うプロジェクトを展開します。院内プロジェクトでは、機器購入と保守費用を削減し、削減された費用をより注力する診断領域に持続可能な投資を行い、最先端医療の実現を支援します。

Clinical Performance Management(CPM)
患者個別の状態に合わせた医療を実現するために、診断や処置に対する定量的かつ客観的なデータを提供することで、最適な個別患者のケアの実現を支援します。
例:Dose Watch / Dose Watch Starterにより線量情報やPACS/RISのマルチベンダー・モダリティのデータを収集することで、院内全体の診断方法や患者フロー並びに院内フローの分析を行うことで、最適なケアの実現に向けた改善方法の示唆を提供します。








サービスブースへ是非お越しください。
◆DoseWatch製品ページは こちら
◆APMページは こちら
◆サービスページは こちら