GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

KEY WORDS:

・MMG すべての女性に 快適な検査と 見つかる安心を
・ABUS 乳がん検診のスタイルは、ここから大きく変わります
・Lunar 正確性、 生産性、 ワンスキャン機能



すべての女性に 快適な検査と 見つかる安心を



Senographe
Pristina
Crystal
Nova



不安を抱えながら検査に臨む受診者の緊張をやわらげ、リラックスして検査を受けられるマンモグラフィ装置。それがGEのSenographeシリーズです。

撮影室に入ると目に飛び込むエレガントな照明と丸みを帯びた形状のガントリは受診者に安心感を与え、薄く角の丸いラウンドフォルムブッキーは、受診者の痛みを低減します。
また、間接変換システムを採用しており、定温管理が不要、装置立ち上げ後のキャリブレーションも不要なため、操作者への負担も軽減します。

Senographe Pristina:3D撮影(トモシンセシス)では、X線曝射タイミングとガントリの動きをシンクロさせたStep&Shoot撮影法と、逐次近似法による画像再構成を用いたASiRDBT で、微少な関心部位をよりクリアに表現した画像の提供が可能です。

Crystal Nova:2Dに特化し、コンパクトでワークフローに優れたデジタルマンモグラフィです。3.2m×3.5mの室内に撮影装置本体と操作コンソールを設置することが可能です。




乳がん検診のスタイルは、ここから大きく変わります

         

Invenia ABUS


被検者の体型やデンスブレスといった様々な条件下にあっても、乳房組織を鮮明に捉え、常に精細な画像を描き出せること。
検査者のスキルの差を乗り越えて、高いレベルで標準化された検査クオリティを維持できること。

乳がん検診に対するストレスや不安はもちろん、超音波検査に多く求められた検査者のスキルを、オートスキャンにより軽減する「Invenia ABUS」。

乳がん検診のスタイルは、ここから大きく変わります。




正確性、 生産性、 ワンスキャン機能


X線骨密度測定装置 
PRODIGY Fuga -C


正確性(データクオリティ)、生産性(ワークフロー)の向上を目指して開発されたのがPRODIGY Fuga です。

原発性骨粗鬆症のガイドラインでは、腰椎と大腿骨の検査が推奨されています。それらの部位をスムーズに測定する為にワンスキャン機能が威力を発揮します。このワンスキャン機能は腰椎を計測後、装置が自動的に指定された大腿骨部に移動し、再度計測を行います。よって被検者の拘束時間や負担を軽減します。
また、それらの部位の解析も同一画面で行うことができ、複数部位の結果を1枚のレポートに表記することが可能です。



是非ブースにお越しください。
◆Senographe Pristina TM 製品サイトは こちら
◆Senographe TM Crystal Nova製品サイトは こちら
◆Invenia ABUS製品サイトは こちら
◆PRODIGY Fuga-C製品サイトは こちら
◆GE 骨密度測定装置製品サイトは こちら




販売名:乳房用X線診断装置 Senographe Pristina
認証番号:228ACBZX00013000

販売名:乳房用X線診断装置Senographe Crystal Nova
認証番号:230ACBZX00002000

販売名:乳房用超音波画像診断装置 Invenia ABUS
認証番号:226ABBZX00065000

販売名:X線骨密度測定装置 PRODIGY
認証番号:21500BZY00582000