ECRレポート

現地からECR2016のレポートをお届け致します。

 CTシンポジウム

3/5(土)12:30~13:30 ECR会場内のROOM Cで「Latest patient centric innovations in CT imaging」と題したGEHC共催のシンポジウムが開催されました。

第1演者のH. Nieboer先生は「Uncompromised emergency CT」と題し救急CTおける撮像速度の速さ、撮像範囲の広さ、被ばく低減の重要性を示唆しました。Revolution-CTによる交通外傷患者の高速撮影、頭部1回転0.5秒撮影、頭頚部ヘリカル撮影および1回転撮影での頭部CTAなどの臨床ケースが紹介されました。また、Revolution CT導入後、従来CTに比較して被ばく(DLP)が1/3に低減したことも紹介されました。

第2演者のD. Andreini先生は「Adressing challenging patients in cardiac imaging」と題し心臓CTにおける高心拍対応、高分解能画像、低被ばくの重要性を示唆しました。Revolution-CTによる80~120bpmの臨床ケースやステント留置後患者の臨床ケースが紹介されました。また、高心拍撮影時の被ばく量が従来CTの21mSv前後からRevolution-CTで4mSv前後に低減したことを付け加えておりました。

第3演者のJ. A.Jakobsen先生は「Risk of AKI post contrast media injection : myth Rwality?」と題しAKI(急性腎障害)と造影剤の関係をヨーロッパのガイドラインに基づいた講演を行い、その内容は教育的なセッションになりました。


マルチスライスCT スキャナ Revolution
医療機器認証番号:226ACBZX00011000

Women's healthcareシンポジウム

Women's healthcareシンポジウム3/4(金)12:30-13:30「Women's health imaging: advances in screening and diagnostic procedures」と題したGEHC共催のシンポジウムが開催されました。以前からGEHC社はPersonalized Breast Cancer Screeningをテーマに様々なソリューションの提供に注力していますが、今回はDigital Breast tomosynthesis (DBT) , 3D Automated Breast-ultrasound (ABUS) そしてHigh Risk Patient を対象としたMRIでの乳癌検診をテーマとして取り上げさせていただきました。

中でもP. Pattacini先生による"DBT vs. mammography in a randomized population-based screening trial: initial results" が最も注目を集めておりました。

2014年3月に開始され、2016年8月までにStudy arm 20,000例、Control arm 20,000件を目標にデザインされたClinical Studyの途中経過報告としてFFDMと比較した 1. Dose、2. Recall Rate、3. Detection Rate、4. SlabでのMicro calcificationの評価、5.Reading Time などが報告されました。


販売名称:乳房用超音波画像診断装置 Invenia ABUS
認証番号:226ABBZX00065000

MRシンポジウム

3/3(木)12:30-13:30「MRI takes a step forward in diagnostic confidence」と題したGEHC共催のシンポジウムが開催されました。
第1演題はGEHCのIoannis氏からGEHCの最新MRI技術について紹介されました。
第2演題はDr. J. F. Paulから4D Flow心臓MRIのリサーチ状況及び臨床初期経験の紹介があり、4D flow CMRの将来性について語られました。
第3演題はDr. C. Dromainから様々なMR imaging/ApplicationのOncology領域への有用性について紹介されました。

準備中のGEブースや、各イベントの様子
ECR2016レポート 
ECR2016会場

ECR2016レポート 
GEブーステーマ

ECR2016レポート
MRブース

ECR2016レポート 
MRイノベーションシアター

CTブース 
CTブース

CTブース
CTブース

ECR2016レポート 
CTブース

CTブース 
CTブース

CTランチョンセミナー
CTランチョンセミナー

ECR2016レポート 
超音波ブース

超音波ブース 
超音波ブース

ECR2016レポート 
DGSブース

ECR2016レポート 
マンモグラフィイベントの様子(3/3)

ECR2016レポート 
Dose&ヘルスケアITイベントの様子(3/4)


ご挨拶

謹啓
GEは、「Partners for Better Health」をテーマに、ECR(欧州放射線学会議)2016に出展いたします。患者さまのための臨床上の有用性、オペレーション効率、経営改善… など。皆さまと共に、GEの技術で医療の未来を切り拓くために、お客さまが求めるさまざまなアウトカムを実現する、先進的な画像診断技術とソリューションをお届けします。
私たちは未来型のヘルスケアカンパニーを目指し、皆様に信頼して頂けるパートナーとなるべく全力を尽くしてまいります。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

謹言

GEヘルスケア・ジャパン株式会社


Helping You Achieve Desired Outcomes

イベント情報

ECR(欧州放射線学会議)2016

ECR(欧州放射線学会議)2016 

ECR(欧州放射線学会議)2016

ECR(欧州放射線学会議)2016

ECR(欧州放射線学会議)2016

ECR(欧州放射線学会議)2016 

ECR(欧州放射線学会議)2016 

ECR(欧州放射線学会議)2016 

ECR2016 GE WEBポータル

ECR2016 GE WEBポータルのリンク先はこちらです。
http://www3.gehealthcare.co.uk/en-gb/ecr_2016

ECR(欧州放射線学会議)2016