GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

Point of Care向け超音波診断装置「Venue Go」の発売を開始

~Point of Care領域におけるより高度な診断、治療のサポートを実現~

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田 荘一郎、以下GEヘルスケア)は、患者のいるベッドサイドで検査・診断するPoint of Care向け超音波診断装置の新製品「Venue Go(ベニューゴー)」を 10月1日に発売開始します。

製品写真:超音波診断装置「Venue Go」Point of Care超音波は、これまで日本で行われていた検査室・診療室にて検査する装置とは求められる性能が異なり、救急・集中治療、麻酔科、整形外科、透析を中心に、その診療科は多岐にわたります。検査室で使用されるような従来製品では、細かな検査に対応するため多くのボタンが必要になり、操作が煩雑になることがございましたが、この度販売開始されたVenue Goは、より直観的な操作が求められるPoint of Careの領域において、医師が迷うことなく使用できるよう開発された製品です。

Venue Goは、主に救急・集中治療の現場に向けて販売をしてまいりましたVenueの遺伝子を引き継いでおります。フルタッチパネルで直感的な操作が可能で、2時間バッテリーを搭載し数字にて残量の表示が可能なだけでなく、ケーブルマネージメントでストレスなく移動できるなど、幅広いPoint of Care領域の医師の診断、治療に貢献できる製品です。

【製品特徴】
ハイエンド装置にも搭載している『cSoundビームフォーマー』を搭載し、高画質を実現

Venue Goは、LOGIQ シリーズやVividシリーズのハイエンド装置に搭載しているcSoundを採用。高画質を実現させることで、より瞬時に精度の高い診断、治療をサポートします。

ストレスフリーな設計:ケーブルマネージメント
従来の製品では、患者をスキャンする際に使用するプローブのケーブルが本体やカートのタイヤに巻き込まれ断線をして故障してしまうことがありました。Venue Goはケーブルが床に接触するリスクを大幅に軽減、オペ室内や院内を移動する際に、ケーブル処理に関してストレスなくご使用いただけるように設計されています。

役立つAutomated機能
Venue GoはVenueで培ったAutomated機能で医師が患者をより素早く診断すること、検者間誤差を少なくできるようサポートします。

直感的に操作できるフルタッチパネル
15.6インチのフルタッチパネルを搭載しており、救急や麻酔科などで使用される際にも、直感的に操作いただけます。

ボタンプローブ
製品写真:超音波診断装置「Venue Go」ボタンプローブプローブに設けられた4つのボタンに好みの機能をカスタマイズいただけます。両手がふさがってしまう状況下でも、手元で『フリーズ』、『カラードプラのON/OFF』、『深さの調整』などの調整することが可能となります。 超音波ガイド下における神経ブロックの実施時、片手でプローブを持ち、もう一方の手で針を持ち手技をすることになり、どうしても装置から離れた状態で装置を操作するために、もう1名の操作補助が必要となってしまいますが、このボタンプローブを使用することにより、単独で自身のタイミングで手技を行うことが可能になります。

その他、本資料に記載された装置の製品名/薬事販売名/医療機器認証番号は以下の通り:
製品名: Venue Go
薬事認証名称: 汎用超音波画像診断装置 Venue Go
発売日: 2019年10月1日(火)
医療機器認証番号: 301ACBZX00012000
製品名: L4-12t-RS
薬事認証名称: L4-12t-RSプローブ
医療機器認証番号: 225ABBZX00154000

GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えしつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。日本における社員数は約2,000名、本社および60カ所の事業拠点があります(2019年4月1日現在)。ホームページアドレスはwww.gehealthcare.co.jp(ライフサイエンス統括本部:www.gelifesciences.co.jp)。

Related

過去のプレスリリース