GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

超音波検査に革新と確信を
汎用超音波診断装置“LOGIQ”シリーズの最上位機種「LOGIQ E10」を発売

~高性能GPUによるリアルタイム画像再構成と全視野フォーカスが高画質を実現~

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田 荘一郎)は汎用超音波診断装置“LOGIQ”シリーズのフラグシップモデル「LOGIQ E10(ロジック イーテン)」を7月2日(月)より販売開始します。LOGIQ E10は、さらなる高画質を実現した汎用超音波装置の最上位機種で、大学病院・地域中核病院などの高性能超音波診断装置を必要とする病院や、急性期疾患の精査を担う専門性の高い施設などを主要ターゲットとして販売されます。

人口の高齢化に伴い、低侵襲的な手法である超音波装置を使い、より短時間に詳細な検査を行うことへのニーズは増しています。また、増加する生活習慣病患者に対しては、体内のより深部にまで届く感度の良い画像で、より高い精度で超音波検査を行うことへの需要はますます増加しています。さらに、近年の画像診断においては、悪性度の高い病変を発見するだけでなく、より早期に高危険群(ハイリスク患者)を絞り込むことも重要視され始めています。そのため、超音波診断装置には、病変の性質やミリ単位の形態変化を把握できるような高画質が今まで以上に求められています。

製品写真:LOGIQ E10

この度発売する「LOGIQ E10」は、超音波検査に関わる医師・技師のこうしたニーズに対応するソリューションとして開発され、検者および患者双方の負担軽減と客観性の高い検査を実現した新製品です。従来、超音波診断装置の検査データの受送信はハードウェアを介して行われ、固定の画像処理プロセスに制御されていたため、高分解能と高感度を両立する画像表示には制限がありました。LOGIQ E10は、NVIDIA社製の高性能GPUを搭載し、画像処理プロセスをソフトウェア上で行うことで、多方向から受信・蓄積した超音波データをピクセルレベルで焦点(フォーカス)を合わせるよう再構成できるようになりました。また、その膨大なデータ情報処理をリアルタイムに行うことが可能となりました。

これらの処理により、Bモード(モノクロの断層画像)だけでなく、血流イメージングモードなどでも高い空間分解能とフレームレート(リアルタイム性)、感度の向上を実現しました。さらに、超音波のエネルギー効率を最大化するために日本で開発されたXDclear(エックスディークリア)プローブに新しいラインナップを増やし、また有機ELディスプレイで画像を表示することで、データ取得、画像処理、表示まで一気通貫したプロセスを経た高画質を可能としました。これにより、高い精度による形態観察・質的評価をサポートします。これらのソフトウェア技術革新による高画質かつ高精度での画像表示と、操作性を高めるための機能の採用により、従来は描出が困難な患者において検者のストレスが軽減され、検査時間が短縮されることで、患者の負担も軽減されること期待されます。

【製品概要】
超音波送受信のソフトウェア化による高画質の実現

  • 従来のハードウェアによる超音波送受信をすべてソフトウェアで行うことにより、より多くの送受信情報を高速演算処理ユニットで画像化することに成功。全深度・全方位にピクセルレベルで焦点(フォーカス)を合わせ、近位部の画質向上、深部まで高い均一性、高フレームレート(リアルタイム性)を実現しました。
ストレスフリーな血流検査
  • 微細な血流信号を増幅するGE独自のコード技術を用いた血流イメージング機能(B-Flow)は超音波受送信のソフトウェア化によりさらに基本性能が向上しました。また、従来の血流イメージング機能(CFM、PDI)にも上記のコード技術を融合することで、感度、空間分解能、フレームレートが飛躍的に向上し、低流速から高流速までの血流を視覚化しやすくなりました。
  • 血流の走行に合わせて関心領域の位置や角度などをボタン一つで調整するAuto Doppler Assist機能により、短時間で効率のよい検査をサポートします。
客観的で信頼の高いデータ提示を簡単に
  • 組織の硬さを定性的に判断するShear Wave Elastographyを搭載しています。高音圧の超音波パルスを複数本送信するGE独自の技術により安定した計測値をワンタッチで得ることができます。2Dカラーマッピング表示やワークシート表示、保存画像からの計測など豊富な機能により、日常検査の延長で、非侵襲的な組織の硬度測定を簡単に行うことができます。
  • 画像を静止画、動画に関わらずRAW dataのまま保存することができます。また、RAW dataを活用することで同一患者の過去画像をボタン一つで呼び出し、画像のスキャンパラメーター(スキャン条件)を合わせて画像比較ができるので、検査効率と客観性の向上に貢献します。

製品名:  LOGIQ E10
薬事認証名称: 汎用超音波画像診断装置 LOGIQ E10
発売日: 2018年7月2日(月) 
医療機器認証番号: 230ABBZX00025000

※LOGIQ はゼネラル・エレクトリック社の登録商標です。

XDclear Probe
C1-6-D 医療機器認証番号:224ABBZX00168000
C2-9-D 医療機器認証番号:224ABBZX00142000
L2-9-D  医療機器認証番号 :230ABBZX00062000
C3-10-D 医療機器認証番号:226ABBZX00112000
M5Sc 医療機器認証番号:225ABBZX00120000

GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEヘルスケアの中核拠点の1つとして、1982年に設立されました。国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えする、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。CTやMRI、超音波診断装置などの医療用画像診断から、体内診断薬、細胞解析装置などのライフサイエンス(生命科学)まで幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、GEの世界戦略「ヘルシーマジネーション」で掲げる「医療コストの削減」「医療アクセスの拡大」「医療の質の向上」の実現を目指します。2018年4月1日現在の社員数は2,000名、国内に本社および60カ所の事業拠点。ホームページアドレスはwww.gehealthcare.co.jp (ライフサイエンス統括本部:www.gelifesciences.co.jp)。

過去のプレスリリース