GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

Hello from GE Healthcare

tnphoto
GEの主力製品である診断機器は、病気であるかどうかを判断することを目的としています。「技術の進歩が人の暮らしを豊かにする」。技術の進歩によって“困っている人を救う”から“困る前に知らせる” 社会を実現できます。このことを実感できるのがGEで働く醍醐味だと思います。


Modality Sales Specialist
イメージング本部 Interventional営業推進部 T.N. 

中途入社(2017年)
立命館大学 政策科学部 政策課学科 卒業




学校ではどんなことを勉強しましたか?

中学、高校とスポーツに打ち込んでおり、大学入試の時点で将来なりたい職業や、やりたいことを見つけることができていませんでした。そのため様々な学問を広く学べる大学・学部に進学したいと思っていました。進学した立命館大学 政策科学部は”広い視野で社会の問題を見つめ、探求し、解決方法を提言できる人間を育成します”を教育理念に掲げており、複眼的な視野を身につけられるようなカリキュラムが用意されていました。1-2回生の基礎科目として政治学・法学・経済学・環境科学・都市計画・情報科学など様々な科目を学ぶことができました。

私たちは自社製品の差別化のために、自社製品こそが顧客の利益を最大化させるということを証明しなければなりません。その第一歩は顧客と同じ目線に立ち、顧客が抱える問題や顧客の状況を理解することだと思います。そのためには顧客を取り巻く環境を様々な方面から観察する必要があります。大学時代に学んだ”多方面から問題を観察する”ことを、今の仕事にも活かすことができています。 

また、現在は働きながらMBAを履修しており、より高度な問題を解決できるような人間になりたいと思っています。



学生の時、どんな人になりたいと思っていましたか。

学生時代は”0から1を創り出せる人”になりたいと思っていました。その思いは今も変わってません。常に新しいアイデアを探し、よりよい結果を導く方法はないかと試しながら仕事をしています。


今までの人生、ハッとした経験、モノの見方が変わった出来事を教えてください。

GEはダイバーシティに富んでいて、オープンな文化が根付いています。そのため、社歴や年齢に関係なく意見を言える社風であり、若手社員にも発言の機会が多く与えられ、意見を求められます。実際に、私が入社したての頃に部門内の顧客イベントに私の意見が取り入れられたことがありました。その経験がターニングポイントとなり、会議の場では遠慮せずに自分の意見や考えを伝えています。


インターンシップは経験されましたか?

経験していません。


GEに入社する前は何をされていましたか?

GEに入る前は外資系医療機器メーカーで整形外科領域の営業を担当していました。整形外科医に対して変形性関節症に使用する人工関節や骨折した際に使用する固定材料を提案していました。


なぜ医療業界で働きたいと思いましたか。他に希望した業種はありますか。医療業界にした決め手は?

社会貢献度が高いことに魅力を感じ、医療業界で働くことを決めました。前職の整形外科領域では、痛くて歩くこともままならなかった患者様が自社製品を使用して1週間後に笑顔で歩いている姿を見て医療業界で働くことの素晴らしさを肌で感じました。 GEでは診断機器が主力製品であり、病気であるかどうかの判断することを目的としています。さらに技術が発達することで、病気になる可能性を事前に示せるようになると思っています。“困っている人を救う”から“困る前に知らせる”ことができる社会が目の前まで来ています。“技術の進歩が人の暮らしを豊かにする”。このことを目の前で実感できるのが医療業界で働く醍醐味だと思います。 


なぜ、GEに入社を決めましたか?

企業がもつ技術力や開発力はもちろん重要ですが、それ以上に会社の文化や、働いている方の意識、長期的なキャリアプランを築くことができるかという点を重要視していました。 選考を通じて印象に残ってたのは、社員の方々が自分の会社に誇りを持ち、自分たちが医療業界をリードするんだという強い意志をもっていたことです。選考を重ねるごとに“この方々とGEでしかできないことをやってみたい”と強く思うようになっていました。 また、GEには能動的にキャリアプランを築ける制度や手厚い福利厚生の制度が整っています。プライベートを充実させながら長期的なキャリアプランを築いていく姿を想像することができたので入社を決めました。

入社してから今までのポジションと、仕事内容、経緯を教えてください。

2017年7月にイメージング本部 Interventional営業推進部 モダリティー・セールス・スペシャリストとして入社し、現在も同じポジションに従事しています。仕事内容は製品のスペシャリストとして営業担当の方々をサポートしながら自社製品のシェア拡大のため日々活動しています。主な活動内容は大学・国公立病院、一般病院等の各診療科の医師や、製品を担当する技師などに対して、最新の技術情報の提供や、装置の操作説明、特定疾患や患部に特化したソリューションの提案等です。

あなた自身、業界、会社が抱えている課題を改善するのに力になってもらいたい人物像は?

既存ビジネスにおいて他社の技術もGEに追いつきつつあり、顧客からどの会社の製品も通常使用には支障がないレベルに達してきていると言われることも増えてきました。いままでの様な製品単独での差別化は難しく、製品を通じて新たな価値の提供が必要になってきていると思います。 これを実現するためにも、既成概念にとらわれずに新しいアイデアとそれを実行できる力を持った人がGEには必要だと思います!

GEで働くことによって「自分」「日本」「世界」のためになることは、それぞれ何ですか?

成長を望む仲間と仕事をすることで、日々新たな気づきを感じながら仕事ができています。また業界に変革をもたらすようなGEにしか成しえない仕事にも参画することができており、貴重な経験を積むことができています。 
高い技術力により、医療の進歩の一端を担っている企業だと思います。GEヘルスケアは日本に開発部門と工場があることで日本の顧客のニーズに合った、製品作りが可能です。
外資系企業でありながら、Made in Japanの製品で日本の医療を支えていると思います。 GEは世界各国に製品を導入しており、世界中の人々の健康を支えています。日本で評価の高かった製品や成功したビジネスモデルは世界規模で展開されることもあります。私たちの日々の活動が世界の人々のよりよい生活につながっていると思っています。


将来こうなりたい、という自分の将来像は?その将来像に近づくため今、どんなことをしていますか?

将来の目標として、人々にサプライズとスマイルを提供する新規事業を創出したいと思っています。GEには高い技術力がありますが、その技術と技術を統合するシステムや、その技術力を活かしたサービスにはまだまだ発展の余地があると思っています。その部分に対してもっと関わっていきたいと思っています。 私は管理職ではないので、事業運営のノウハウや知識が足りていません。その部分を少しでも補いたいと思い、現在アメリカのMBAプログラムを履修しています。働きながら学位を取るのは簡単ではありませんが、MBAで学んだことを日々の業務に活かしながら楽しんで仕事をしています。


社内で目標にしている人、又はインスパイアされた人はいますか?それはどんな方でなぜですか。

GEでは組織内のリーダーになるための人材育成プログラムやトレーニングが充実しており、マネージャー職は管理だけでなく、人を鼓舞する能力にも長けていると思います。 目標としているのは直属の上司です。人間関係を構築するのがとてもうまく、人として学ぶことが多いです。また、目標に対するプロセスの構築や管理なども緻密かつ的確なため部下としても学ぶことが多いです。


社外で目標にしている人、又はインスパイアされた人はいますか?それはどんな方でなぜですか。

野球選手の大谷翔平さんです。自分のスタイルである二刀流を貫き通す芯の強さや競技に取り組む姿勢に感銘を受けました。さらに世界最高の場で結果を残しつつ、人々に驚きを与えてくれます。真似できることではありませんが、仕事を通じて人々に驚きを与えられる人間になりたいと思っています。


ご家族やご友人に、GEをどのように紹介しますか。(GEってこんなところ)

GEの製品は世界中の人々を支えてます。GEのグループ企業では航空機エンジンや風力発電なども作ってます。オリンピックのスポンサー企業として2020年東京オリンピックにも協賛してます。