GE Healthcare

GE ヘルスケア

Menu
閉じる

申し訳ございません、検索された” ”に該当する結果はございません

検索アドバイス: 検索キーワードのスペルは正しいですか?該当結果が無い場合��別のキーワードや、一般名称で検��してみてくだ��い

Hello from GE Healthcare


myphoto
GEに入る前は、製薬業界で働いていました。MR(Medical Representative)として現場に出ていた経験や、医薬品のデジタルマーケティングをしていた経験は今の仕事でも活きています。GEは自分次第で何にでも挑戦できる会社です。良い意味で失敗に寛容で、年齢や性別などは関係なく、望めば挑戦ができる環境があります。


Service Marketing
サービスマーケティング部 M.Y. 

中途入社(2017年)
同志社大学 生命医科学部 医情報学科 卒業




学校ではどんなことを勉強しましたか?

電子工学・情報。研究ではIGA(interactive genetic algorithm)を応用したプログラムを開発していました。


学生の時、どんな人になりたいと思っていましたか。

何事も主体的に捉え、プライベートも仕事も楽しめるような人になりたいと思っていました。


今までの人生、ハッとした経験、モノの見方が変わった出来事を教えてください。

働いていると、様々なことが起きます。自分でコントロールできないところばかりに目が行ってしまった時期に、「それ以外の部分」に目を向けて状況を改善していく同僚を見て、自分自身の態度を改めました。態度を改めてみて驚いたのですが、コントロールできる部分に目を向けると、大抵状況は好転します。


インターンシップは経験されましたか?

製薬会社のインターンシップに参加しました。とはいえ仕事の体験ではなく、プロジェクト型のものです。その課題が、仮想の家電量販店に関する数十ページのデータを渡され、注力製品の選定・販売戦略の策定を行い、仮想のコンペを実施するものでした。私たちのチームが優勝したのですが、それがきっかけでプロダクトマーケティングに興味を持ち、今の仕事に繋がっています。


GEに入社する前は何をされていましたか?

GEに入る前は、製薬業界で働いていました。MR(Medical Representative)として現場に出ていた経験や、医薬品のデジタルマーケティングをしていた経験は今の仕事でも活きています。当時は役に立たないと思っていた経験も、思わぬところで役に立つことがありますので、日々を大切にして、一つ一つからできる限り吸収していくと、必ず将来役に立つと思います。


なぜ医療業界で働きたいと思いましたか。他に希望した業種はありますか。医療業界にした決め手は?

日本は世界に先駆けて超高齢社会が始まっており、医療の形やビジネスモデルがどのように進化するか、世界も日本に注目しています。その中で新しい医療を作る側としてチャレンジできる。そして自分の仕事は患者さんに繋がり、誰かの役に立つ。だから医療業界は面白いと思いますし、新卒の時から医療業界にいる理由です。 


なぜ、GEに入社を決めましたか?

単純なのですが、GEを知る人たちが口を揃えて「一緒に働きたいと思える人が多い」と言っていたからです。もちろんビジネスなので厳しいこともしんどいことも多いですが、実際にGEで働いてみて、様々な背景やビジョンを持ち、一緒に働きたいな、この人から学びたいな、と思える人は多いと感じます。

入社してから今までのポジションと、仕事内容、経緯を教えてください。

サービスマーケティングというポジションで、製品のプロモーションプランや販売促進施策を考えるなど、いわゆるプロダクトマーケティングの仕事をしています。サービス部は、機器を購入してからずっとお客様と関わる部署になりますので、お客様に「より快適により長くGE製品をご使用頂ける環境」を提供するために日々仕事をしています。また、業務の面では、複数の部署や必要があれば海外のチームとも協力して仕事を進めていく必要があるため、”コミュニケーション” や ”前に進める力” が大切だと感じています。

あなた自身、業界、会社が抱えている課題を改善するのに力になってもらいたい人物像は?

大きな組織になると、どうしてもコミュニケーションの弊害が生じたり、意見をまとめ上げることが難しくなります。その中で、医療業界の変化に対してOne Teamとして挑戦していく必要があるので、課題に対して前向きに粘り強く取り組める方や、大きな視点を持ち変化を楽しめるような方と一緒に仕事をしたいです。もちろん、自分自身もそうなりたいですね。

GEで働くことによって「自分」「日本」「世界」のためになることは、それぞれ何ですか?

「日本のため」「世界のため」という視点ですと、日本は先進諸国に先駆けて「高齢化」という課題に直面しています。その課題にどう取り組むのか、今までにない環境の中で行うチャレンジから得る知識や経験は、他の国が同じ状況になった時にも必ず役に立つものだと考えています。また、その中で得る気付きは自分自身の成長にもつながるので、ひいては「自分のため」になるのではないかと思います。


将来こうなりたい、という自分の将来像は?その将来像に近づくため今、どんなことをしていますか?

常に挑戦し続けられる人でありたいと思っているので、チャンスがあれば積極的に動くように心がけています。また、何をするにしても周りの方の理解やサポートが大きな影響力を持っているので、周りの方との関係を大事にすることや、自分が役に立てるときには手伝うように心がけています。


社内で目標にしている人、又はインスパイアされた人はいますか?それはどんな方でなぜですか。

大きな組織のリーダーをされている方に、半年間コーチングをして頂きました。仕事に対するモチベーションであったり、周りの方を育てようとする姿勢は、当時躓いていた自分が前に進むきっかけになりました。また、自分の業務の一つ一つに対して「続けたい行動」「見直したい行動」を振り返り、次に繋げている姿勢は私も真似をし始めたところです。


社外で目標にしている人、又はインスパイアされた人はいますか?それはどんな方でなぜですか。

せっかくなので、尊敬する大学時代の教授に言われた言葉をそのまま拝借します。「チャンスなんて、いつもあることやないし、やってみればいいやん。」「社会人として当たり前のことをやらなかったら、それはあんたの問題や。でもそれは1年目でも10年目でもやらなあかん事。それ以上は、経験を積んで初めてできることやろ。それをできないかもって悩むのは、自分に期待しすぎや。自信過剰やで。恥かいて、失敗して学びなさい。」こんな姿勢で仕事をすれば、きっと仕事を楽しめると思います。


ご家族やご友人に、GEをどのように紹介しますか。(GEってこんなところ)

自分次第で何にでも挑戦できる会社です。良い意味で失敗に寛容で、年齢や性別などは関係なく、望めば挑戦ができる環境があります。



(2019年2月現在)