製造および製品/技術開発

製造および製品/技術開発

GEヘルスケア・ジャパンの日野本社内にある日野工場には、CTガントリー、ディテクター、MR、プローブの4つの製造ラインがあります。 また、製品・技術開発を行う技術陣が日野本社内に在籍し、日本を始めグローバルのお客様からの声を反映した開発を行っています。 日野工場で製造される製品は日本国内だけではなく、アメリカ、中国、ヨーロッパ、中東、アジアを始め、世界中へ出荷されています。


本社の主要製造ライン

line01
CTガントリーライン
全ての機種を1つのラインで生産する混合のムービングラインなど、日々改善を重ねて生産性が飛躍的に進化しています。
お客様の声 「100kgを超える重量物のあるCTガントリーラインで男性のみでなく女性も働ける工夫をしていることに驚きました」(技師長様)
line02
MRライン
作業しやすい環境と作業手順が徹底工夫されているラインとして世界の他工場のモデルラインになっています。
お客様の声 「部品の在庫管理、整理整頓、人員工程の流れ、空調管理等全てに効率がよく、感心しました」(技師長様)
line03
ディテクターライン
要求される制度が非常に高いため、精密な組み立て作業と工程検査が必要とされるラインです。
お客様の声 「ディテクターの高精度や管理におけるチェック工程など製品への信頼度が高まりました」(販売店 営業部長様)
line04
プローブライン
常に最新の製品を安定供給するため、日々の改善を通じ品質の高いものを手作りで生産しています。
お客様の声 「日本人ならではの繊細な作業を目にして安心感を覚えました」(技師長様)